• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

沢口靖子、ヒロインの原点を初めて描いた『鉄道捜査官』最新作に「胸が熱くなりました」

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 沢口靖子が主演するテレビ朝日系人気シリーズの最新作『鉄道捜査官⑱』が、5月13日(日)午後9時から放送される。

 ミステリー界の重鎮・西村京太郎氏の小説が原作。警視庁鉄道捜査隊・東京駅分駐所に所属する鉄道捜査官・花村乃里子(沢口)の活躍を旅情たっぷりに描く。2000年にスタートして以来、ほぼ年に1度のペースで製作され、今作で第18弾を迎えた。

 今作は、乃里子が殺人容疑者となった所轄署時代の先輩・滝本裕介(別所哲也)のため真相を追求。予期せぬ滝本との再会をきっかけに、乃里子の“警察官として原点”が初めて明らかになる。沢口は「台本を読んで、とても胸が熱くなりました。乃里子の“原点”ともいうべきエピソードが描かれているのですが、それがとても乃里子らしいなと感じましたし、クライマックスシーンは特に胸に迫るものがありました」と力を込める。

 滝本役の別所とは、冒頭から緊迫した芝居を繰り広げる。暗闇の中、刑事時代とは打って変わった荒んだ風貌で凶器を手にした滝本と対峙するシーンだ。沢口は「別所さんが気迫に満ちたお芝居をされていたので、“動かないで!”と発する言葉が上ずってしまうくらい、緊迫感の漂うシーンになりました」と手応えをにじませる。
 
 舞台となる栃木・鬼怒川での大ロケ―ションも今作の見どころ。沢口は「鬼怒川は初めて訪れましたが、一番印象に残ったのは、“龍王峡”。前日まで降っていた大雨のおかげで空気が澄んでいて、かつ快晴だったので滝には虹がかかっていましたし、エメラルドグリーンの鬼怒川の川面がキラキラ輝いてとても美しかったです」と振り返った。

 足かけ18年にわたり演じている乃里子役。「乃里子は部下たちから、頼りがいがあり、やさしくて芯の通った上司として慕われていると思います。私も後輩たちがたくさんいる年齢になりましたので(笑)、乃里子のようでありたいなといつも思っています」と乃里子へのリスペクトを胸に、沢口はこれからも難事件に挑み続ける。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える