• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

井之頭五郎が韓国グルメを堪能!『孤独のグルメ Season7』韓国出張編が6・1&6・8OA

171869_01_R 現在放送中のドラマ24『孤独のグルメ Season7』の第9話、第10話の2週にわたり、韓国出張編を放送することが決定。

 2012年に放送した『孤独のグルメ』シリーズで、松重豊演じる井之頭五郎が海外へと足を延ばしてグルメを堪能するのは、2015年放送の『孤独のグルメ Season5』での台湾出張編に続いて2度目となる。

 今回、五郎が訪れるのは伝統家屋が残る街・全州(チョンジュ)と首都のソウル。韓国語が出来ず、店やメニュー選びに四苦八苦する五郎だが、身振り手振りと持ち前の食に対する“勘”を駆使して、まずは全州で自分好みのオリジナルな味を楽しめるビビンパを、そしてソウルでは『孤独のグルメ』最強メニューとも言える“焼肉”を堪能する。圧巻の一枚肉、デジカルビの迫力は必見! 言葉の壁を乗り越えて、絶品グルメにありついた五郎は果たして何を思うのか。

 松重は韓国での撮影について「韓国でのドラマの認知度は、我々の予想をはるかに超えました。街行く酔漢に「コドッカンミシッカ」(孤独のグルメ)と連呼されるとは!」と。そして「味付けの発想を変えた、隣国の美味しい料理の数々が見どころです」と語った。

 また、今回の韓国出張編にはゲストとして歌手でもあり俳優業もこなす、ソン・シギョンとJEWELRYの元メンバーで女優のパク・チョンアも出演する。
『孤独のグルメ』ファンだというソン・シギョンは「このたび出演させていただき、光栄でまるで夢のようです」と。さらに「実際、現場で見る五郎さん、制作、演出、音響、照明の皆様が人と料理、そしてそこから派生される文化に対して深い興味や愛情を持ってらっしゃることに、とても感動しました」とコメント。

 パク・チョンアも「落ち着きがないキャラクターを可愛く(大きな心で)見てくださった五郎さんのおかげで、さらに楽しく撮影させていただきました!」とコメントした。

<第9話あらすじ>(6月1日(金)放送予定)
突然イム社長(ソン・シギョン)に呼び出された井之頭五郎(松重豊)は1週間後、韓国へ向かう。用件は韓国の伝統工芸品をヨーロッパで販売する新規事業の相談だった。さらに商品選びを五郎に託したい社長は、実物を見てもらうため全州(チョンジュ)に行って欲しいと言い出す。だが同行したイム社長の部下パク・スヨン(パク・チョンア)のガイドがどこか心もとなく…。傘工房、家具店などをめぐるうち、韓国で何も食べていないことに気づいた五郎は、1人で店探しを始める。とはいえ初韓国…勘で店に入るも、韓国語が読めない五郎はなんの店かわからないまま適当に頼んでしまう。すると次から次へと小皿が運ばれ、極めつけは石鍋!おかずのテーマパークか!?…と思いきや、実はこれでビビンパを作る“セルフビビンパ”の店だった。五郎は一体どんなオリジナルビビンパを作るのか?

<第10話あらすじ>(6月8日(金)放送予定)
韓国出張2日目。前日の疲れが残ったまま朝を迎えた井之頭五郎(松重豊)だったが、出勤前の人々が集う屋台を発見。トッポギ、天ぷら、スンデ、おでん…さまざまな屋台めしに舌鼓を打つ。すっかり元気を取り戻した五郎は、イム社長(ソン・シギョン)に全州(チョンジュ)での視察報告を行う。仕事を終え空腹に襲われた五郎は、朝食の屋台めしから一転、ガッツリ系のソウルめしに狙いを定め店探し。やがて一軒の焼肉店にたどり着く。韓国語が読めない五郎は、苦肉の策で隣客の鉄板を指し、テジカルビを注文。するとたくさんの小皿や石鍋が運ばれ、テーブルが全州のデジャブといわんばかりの状態に…。しかしこのあと五郎は“ガッツリ系の最高峰”と出合うのだった。

ドラマ24『孤独のグルメ Season7』
第9話:6月1日(金)深夜0時12分~
第10話:6月8日(金)深夜0時17分~ ※「全仏オープンテニス」中継により変更となる場合あり
出演:松重豊、ソン・シギョン、パク・チョンア、キム・キュジョンほか

©テレビ東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える