• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

内藤大助が地獄の“行軍チャレンジ”をクリア!『リアルカイジGP』

『リアルカイジGP』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『リアルカイジGP(グランプリ)』#9が6月10日に放送された。

 この番組は、福本伸行による大人気漫画「カイジ」シリーズを基にした番組オリジナルゲームに挑戦し、全てに勝利した参加者1名が業界最高賞金となる1億円を手にすることができるリアル人生逆転リアリティーショウ。

 6月10日は、前回に引き続き、第2ラウンドで勝ち残った114人の挑戦者が40人まで絞られる、第3ラウンド前半の様子を放送。第3ラウンドのゲームは、挑戦者たちが40人に絞られるまで永遠に続く行軍で走り続けるか、途中出題されるお題にチャレンジするか、体力とチャレンジのリスクを天秤にかけ挑んでいく“行軍チャレンジ”。

 2時間半が経過した時点で、通過者が13人、失格者が20人となり、残り81人が27枠をかけて隊列する中、「先着5名、30秒以内に粉の中にあるアメを探す」というお題が出題。何人かがお題の挑戦権を得るためにステージに向かって走り出す中、先頭を切ったのは元プロボクサー・内藤大助。内藤は、勢いよく粉の入っている箱に顔を突っ込み、必死に探した結果、アメを見つけだし、次のステージに駒を進めた。

 お題によっては全員が走り続けることを選択するなど、心理戦が続く中、5時間半が経過。サーキット場を105周、距離にすると29キロメートルに差し掛かったところで、全40人のステージ進出者が決定した。

 番組の後半では、18歳以上であれば誰でも6月24日(日)に行われる決勝戦に出場できる“いきなり決勝戦”の内容を発表。いきなり“決勝戦”に出場するためには、番組が出題した謎とき問題に挑戦し、答えに隠された“ある場所”に6月17日に集まるだけ。その中から、1人だけがいきなり決勝戦に進出できる権利を与えられる。

 さらに、第3ラウンドの“無限行軍チャレンジ”で惜しくも脱落した74名の挑戦者に、復活のチャンスが与えられる“敗者復活 視聴者投票”を実施。公式HP(https://kaiji-consolation.jp/)に記載された74人から“決勝で戦うにふさわしい人”に1人1票投票し、最も投票が多い上位5名が6月24日に行われる敗者復活戦に挑むことができる。

 また、視聴者投票と公式Twitterから投稿された当該ツイート(https://twitter.com/AbemaTV/status/1005796725955719168)をリツイートした人の中から、抽選で1名に“人生逆転できるラスベガス旅行”がプレゼントされる。

『リアルカイジGP(グランプリ)』
#9放送日時:6月10日(日)後10時~11時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

MC:加藤浩次(極楽とんぼ)
億リスト:飯田里穂

過去放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/EHhnsvvCGtzoSf?autoplay=true

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える