• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

藤井流星「この作品で一皮むけたい」『黄昏流星群』で中山美穂と禁断の恋

『黄昏流星群』 10月スタートの木曜劇場『黄昏流星群』(フジテレビ系)に、藤井流星(ジャニーズWEST)、石川恋、礼二(中川家)、八木亜希子、小野武彦が出演することが決定した。

「黄昏流星群」は、1995年から「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載されている弘兼憲史による人気漫画。ドラマでは、短編オムニバスとなっている原作の中から傑作の一つといわれている第1集「不惑の星」をベースに、人生の折り返し地点を過ぎた男と女の運命の恋、その恋を取り巻く大人たちの人間ドラマを描く。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治を佐々木蔵之介、完治を献身的に支え、一人娘を大切に育て上げてきた専業主婦の瀧沢真璃子を中山美穂、完治が恋に落ちるミステリアスな女性・目黒栞を黒木瞳が演じる。

 藤井流星が演じるのは、主人公の完治(佐々木蔵之介)の一人娘・美咲(石川恋)の婚約者の有能な弁護士・日野春輝。ある日、美咲を訪ねて瀧沢家までやってきた春輝は、庭先でバラの棘で指をケガした美咲の母・真璃子(中山美穂)と出会う。初めは美咲の母として接していた春輝だが、夫との離婚を考え始めた真璃子の相談に真摯に乗り、ひょんなことから親しく接していくうち、彼女に惹かれる自分に気付く。一方、真璃子も人生に立ち止まり悩んでいた時に、はっきりと自分の存在を肯定してくれる春輝を心の支えに思い始める。娘の婚約者ということで感情に蓋をする真璃子だが、春輝と美咲の結婚にはある秘密があり、思わぬ展開に進んでいく。

 春輝の婚約者・瀧沢美咲を演じるのは石川恋。大手商社に勤務する美咲は、これまで一度も両親に心配をかけたことのない、しっかりしたタイプの一人娘。仕事一筋で家庭をあまり顧みてこなかった父・完治には反発しているものの、母・真璃子とは一卵性母娘のように仲良し。そんな彼女が結婚で家を出ることで、真璃子に大きな衝撃を与えるが、美咲は母にも言えない大きな秘密を抱えていて、さらに大きな衝撃を瀧澤家にもたらす。

 礼二(中川家)が演じるのは、完治の出向先の物流会社“荻野倉庫”の財務総務課長・川本保。 仕事のできる優秀な男で、フォークリフト乗りから、経理課長まで上り詰めた現場叩き上げ。その実、部長の椅子は銀行出向組が座る、ということに不満を持っており、完治に対してつらく当たる。

 八木亜希子が演じるのは、バツイチの翻訳家・水原聡美。真璃子と大学時代からの女友達。おしゃべりで快活なその性格から、真璃子にとっては良き話し相手。大学卒業後、長年イギリスにいた経験や新情報に頻繁に触れる職業柄、内向きになりがちな真璃子に助言をする。また、完治のことも学生時代から知っているため返って手厳しく、「早く離婚しなさい」とあおり始める。

 小野武彦が演じるのは、完治の行きつけの居酒屋「一番星」の大将、徳田和夫。左遷出向を打診された完治が茫然自失でさまよった末にたどり着いた居酒屋で、完治の運命の女性・目黒栞(黒木瞳)も連れて行くようになる。完治の良き相談相手となる徳田だが、その正体は謎多き人物で、多くの噂がある。

<コメント>
■藤井流星(ジャニーズWEST)

◇出演が決まった時の感想は?

「主演が佐々木蔵之介さんで、中山美穂さん、そして黒木瞳さんというそうそうたる俳優の方々に囲まれてやらせていただくことに緊張もありましたが、一つずつ勉強させていただきながら演じたいと思います。こんなにしっかりと人間ドラマを描いた作品は僕自身初めて出演させていただきますので自分にとって新たな挑戦です。この作品を経験して一皮むけたいと思っています。25歳のタイミングで出演できることをありがたく、そしてうれしく思っています」

◇撮影してみていかがですか?

「台本には書かれてないことを現場に入ってその場で演出してもらうことがあるのですが、中山美穂さんとは初日の現場で初めてお会いし、そのまま距離の近い演技をすることになったのでとても緊張しました。撮影の合間は“暑いですね”と言いながらやっていました。真夏に真冬のシーンを撮っているので。今後コートを着る可能性もあるそうで、スーツだけでも暑いのに、コートを着て、マフラーを巻くとなるとちょっと心配ですね(笑)。佐々木蔵之介さんとの初の共演シーンは、ご一緒するというだけで緊張しましたし、しかも“婚約者のお父さんに初めて会う”というシーンだったので、撮影に入るまでかなり緊張感がありました。でも春輝は物怖じしない性格なので、監督さんとも話して、春輝らしく堂々と颯爽とやっていこう、と。撮影の合間には、関ジャニ∞の横山(裕)君や同じジャニーズWESTの濱田(崇裕)と以前共演されているので、共通の知り合いの方のお話だったりをさせていただいています」

◇ご自身の役どころについて

「自然に(女性と)スキンシップを取れる方っていると思うんですが、春輝はまさにそういうタイプ。普段の僕だったらそういうことはやれないですが、春輝の言動はドラマを見てる人には面白いと思います。主人公の奥さんと恋に落ちる青年ですが、世の中の奥さま方にも共感してもらえるよう演じられたら、と思います。二人の世界がどんな展開になっていくのかまだ分からないですが…。今は、監督さんとディスカッションしながら役を作り上げている段階ですが、台本でイメージした以上にユニークな人になっていると思いますね」

◇ドラマの見どころなど、視聴者へのメッセージ

「こんなに複雑な人間関係を描くドラマはなかなかないと思います。主人公は海外で出会った女性と、僕は婚約者の母親と恋に落ち、その婚約者にも秘密がある。人間模様の濃いドラマです。毎話ごとに気になる展開があるので見逃さずに見て欲しいですね。僕の役にはある意味、少女漫画みたいな一面もあるので、そういう面にも期待してもらえたら、と思います。自分としては初めての役柄で挑戦がたくさんあり、しかもお相手が中山美穂さん!ハードルは高いです。この作品はいろいろな世代の人から見てもらえるドラマだと思いますし、僕は僕なりに自分の世代を引っ張る思いで、頑張って蔵之介さんについていきたいです。皆さんの期待に応えられるようクランクアップまで駆け抜けたいと思います」

■石川恋

◇出演が決まった時の感想は?

「このご時世にかなり攻めている企画だと感じました。様々な意見が飛び交うだろうな、と。そのようなことも含めて、思いっきりぶつかっていこうと気合いを入れてクランクインしました。また、脚本が浅野妙子さんということで、『ラスト・フレンズ』をはじめ浅野さんの作品のファンでもあったので、ぜひ出演したいという思いも強くありました。複雑な題材ではありますが、一人ひとりの人間模様がとても繊細に描かれており、共感する部分も多く、物語が進むうちにそれぞれのキャラクターがいとおしく思えてきます。目が離せないドラマになっていると思います!」

◇撮影してみていかがですか?

「日に日にキャストの皆さんとの距離が縮まっているように感じます。特に、母親役の中山美穂さんとは “お母さん”“みいちゃん(役名が美咲なので)”と呼び合っていて、撮影が無い日も連絡を取り合ったり、本当の親子に近付いている感覚です。佐々木蔵之介さんも、さまざまなアドバイスをくださり、そのおかげで気付くことも多く、キャストの皆さんに引っ張っていただいていると日々感じています。監督さんやプロデューサーさんとも話し合いができているので、もやもやした気持ちを残さずお芝居できるようになっています。皆が一丸となって作り上げている雰囲気が心地よく、とても温かい現場なので、シリアスなシーンであっても安心して臨めています」

◇ご自身の役どころについて

「瀧沢美咲というキャラクターは、幼少期に寂しい思いをした経験や両親の関係を間近で見てきたことから、24歳のわりに精神年齢はかなり高く、出来事を俯瞰して見る癖がついている女性です。どこか冷めた見方をしたり、問題が起きても自己完結して自身を納得させるのがうまかったり、そんな大人な一面がある一方で、誰にも見せない心の奥には少女のような心が今も消えていません。“黄昏世代”の両親には別の角度から“ど正論”をぶつけていきますが、厳しいことを言う場面でも家族に対する愛を忘れないよう意識しています。また、話が進んでいくうちに美咲自身の抱えている問題も明らかになっていくので、現実と理想の狭間で揺れ動く心情を丁寧に演じていけたらと思います」

◇視聴者へのメッセージ

「『黄昏流星群』は回を追うごとにどんどん面白くなっていくドラマです。さまざまな出来事が複雑に絡まりあっていき、人間関係も、一人ひとりが表に見せていた顔もどんどん崩れていきます。なので、ぜひ毎週観ていただき、いろいろなご意見ご感想をお聞きしたいです!そして個人的には、滑稽かもしれないけれど誰もが心のどこかに抱えているだろう感情を思いっきり暴き出して、挑んでいこうと思っています! ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、結末がどうなろうとそれをしっかりと受け止め、瀧沢美咲という役を全うしたいです。ドラマが最終回を迎えるまで、ぜひ応援よろしくお願いいたします!」

■礼二(中川家)

「久しぶりの連ドラ出演ということで、お話をいただいたときはとてもうれしい半面、不安もだいぶありました。ただ、僕が演じる川本保という役が、自分のネタに出てくる町工場のおっちゃんに似ているので、コントまじりに楽しみながら毎回撮影に臨めています。今回のドラマを通して、また新たにネタになりそうな人を探しながら、一生懸命演じたいと思います」

■八木亜希子

「お話をいただいた時、中山美穂さんの大学時代からの友人で良き相談相手と伺い、うれしく思いました。撮影はほとんどが中山さん演じる真璃子と二人のシーンです。ご一緒するのは初めてで、その素敵なオーラに緊張しましたが、撮影の合間も絶えずせりふの練習に付き合ってくださって、温かく助けていただいています。私が演じる水原聡美は、翻訳家として成功したバツイチの女性で、名前もきれいだし、かっこいいイメージで臨みましたが、どうもちょっぴりコミカルなところもあるようです。お話も、台本が届くたびに瀧沢夫婦の恋の行方にドキドキしながら読んでいます。大人の恋の物語、私も今後の展開が楽しみです」

木曜劇場『黄昏流星群』
フジテレビ系
10月スタート
毎週(木)午後10時~10時54分

<出演者>
佐々木蔵之介
中山美穂
藤井流星(ジャニーズWEST)
石川恋

礼二(中川家)

八木亜希子
小野武彦
黒木瞳

原作:弘兼憲史 「黄昏流星群」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)
脚本:浅野妙子(『ラスト・フレンズ』『大奥』他)
プロデュース:高田雄貴(『刑事ゆがみ』他)
演出:平野 眞(『5→9~私に恋したお坊さん~』『Chef~三ツ星の給食~』他)
林徹(『大奥』『かげろう絵図』 他)
森脇智延(『HERO』『好きな人がいること』他)

制作著作:フジテレビ

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える