• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

超特急がゴールデンボンバーに!『ものまね紅白歌合戦』9・21放送

『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』 金曜プレミアム『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)が、9月21日(金)午後7時から放送される。

 番組では、ものまねタレントや人気芸人たちが紅白に分かれて珠玉のものまねネタを披露。最強新人がものまね名人に勝負を挑む“下克上ものまねガチンコ対決”、最新ヒットソング&歌い継がれる名曲を完全コピーした“歌ものまね”、芸人たちによる“ネタものまね”、激似そっくりさん登場の“顔ものまね”、一瞬で爆笑必至の“秒殺ものまね”と見逃せない企画満載で送る。

 全国オーディションを勝ち抜いた最強新人が、番組が誇るものまね名人に勝負を挑む企画「下克上決戦!最強新人大集合」では、ミラクルひかるが最強新人と“宇多田ヒカル”の楽曲で真っ向勝負を繰り広げる。

 また、昨年放送の『ものまね王座決定戦』でチャンピオンとなったエハラマサヒロは、今年話題のDA PUMP「U.S.A.」に挑戦。自らバックダンサーを集めたという本気の歌&ダンスものまねで魅せる。

 『ものまね紅白』に2度目の参戦となる超特急は、ゴールデンボンバーの「女々しくて」を披露。前回の“TWICEものまね”では敗北を喫した超特急だが、今回は“白塗りメーク”で樽美酒研二にふんするなど、メンバー全員でダチョウ倶楽部に挑む。

<ミラクルひかる・コメント>

◆今回は“最強新人”と対決しますが、自信の程はいかがでしょうか?

「“ミラクルひかる”として宇多田ヒカルさんの名をお借りしてやっているからには、やっぱりここで負けるとかっこ悪いなっていうのがありますね。新人の方もいろいろと個人の見解で研究されていると思うので、また新しい手法や見せ方を発掘されていたら怖いですね。私が歌わせてもらう“初恋”は、今の宇多田ヒカルさんの歌。喉の筋肉の変化だったり、宇多田さんも昔とは違いますよね? 絶対に。“どこが違うんだろう?”と私も研究しましたが、その答えがちょっと出せたつもりではあります。最近の宇多田さんとして聴いていただければと思います」

◆普段はどんな練習をされていますか?

「自分なりにいろいろありますが、自分の声を録音したものを、ご本人の歌声と聴き比べるという作業をしています。そして、私が歌ってると思い込んだ瞬間に、自分の声をデフォルメさせる方法がわかったりするんです。自分が別人になる方法をいくつかピックアップしていって、いつもの私とはちょっと違う感じに仕上げるというか。そんなイメージですね。誰かのアドバイスなんてないので、孤独な世界ですよね。“まねできたからこの感じでいこう!”って思ってても、ずっと続けられるわけではないし、“やっぱり違うな”と思いながら15年間模索しています」

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

「宇多田ヒカルさんの“声の変化”にご注目いただければと思います!」

<エハラマサヒロ・コメント>

◆選曲について

「いやもう、この曲は僕のためにあると思ったからですよ!(笑)去年の『ものまね王座決定戦』でもDA PUMPさんの“ごきげんだぜっ!”で挑戦させていただいたのですが、僕はダンスと歌が好きで。今まで歌まねしかやってこなかったんですけど、去年からは“ダンスものまねもやってみよう!”と思って披露したところ、割と好評だったんです。そんな中、“U.S.A.”がヒットして、久しぶりに“歌って踊る”楽曲が大フィーバーしたので。これはみんな盛り上がるし、ぜひやらせていただきたいなと思って選びました」

◆「U.S.A.」のものまねをやっている方は珍しいような気がします。

「確かにそうですね! ISSAさんのハイトーンな声って、ものまねでは似せづらいんですよね。僕も完成しているわけでもないですが、ISSAさんとは昔から仲良くしていただいているのもあって、近くで声を聴いてきた分、“人よりも声のクセを見抜けるのかな?”と思いながら練習しました」

◆「U.S.A.」を練習する上で大変だったことはありますか?

「ダンスですね。アイドルが踊るような、いわゆる“かっこいい系”のダンスとは違って、“U.S.A.”には本当にマニアックな振りが詰め込まれてるんです。これが“ダサかっこいい”と言われるゆえんかもわからないですけど、例えばサビの“いいね!”ダンスの振りとか、みんなから見たら“ダサくない?”というような動きを詰め合わせている。僕が昔からやっていたようなジャンルのダンスの振りであれば、組み合わせて歌っている分には何にも問題ないんですけど、“U.S.A.”は珍しい振りが多いので、歌いながら迷ってしまったりするんですよね。“絶妙にダサい動きだけど、全員が合わせているからかっこいい!”というダンスに仕上げないと、ただ“ダサい”ダンスになってしまうんですよね。“ダサかっこいい”という絶妙なラインを当てようと思ったら、“ダサい動きでも完璧に合わせる”必要があると思うんです。そこに苦労しました」

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

「実は、バックダンサーは番組じゃなくて僕が用意したんです(笑)。“すいませんダンサー用意させてください!”ってスタッフに言いまして、“エハラダンサーズ”を結成しました(笑)。リハーサル時間も自分たちで確保してスタジオで練習しました。チームワークを大事にしていますので、バックダンサーとの一体感、“グルーヴ”を見ていただければなと思います(笑)」

<超特急・コメント>

◆収録を終えて

ユーキ「めちゃめちゃ楽しかったよね?」

カイ「もう、前回(大敗して)正直終わったなと思っていたので…(笑)」

ユーキ「しかも今回は、リスペクトさせていただいているゴールデンボンバーさん」

カイ「すごく好きな方々なので、リスペクトを持ってたくさん練習させてもらいました」

ユーキ「(“女々しくて”について)何回も超特急のライブで歌わせてもらっている曲を、地上波で披露できたのがすごくうれしいです!」

◆もし次回があるとすれば…

タクヤ「そろそろ本当に似せてくる(笑)? 僕たちって『ものまね紅白』に出させていただいてるんですけど、ものまねというか」

ユーキ「勢いです!(笑)」

リョウガ「でも、今回は歌い方似せてたよね」

ユーキ「特にタカシは歌い方似せてたよね?」

タカシ「気持ち、似せてた(笑)」

リョウガ「でも、全体的には似てない部分がでかすぎて…(笑)」

カイ「次こそ、ちゃんと番組に沿ったもので挑みたいです!!」

◆白塗りメークについて

カイ「もう(ライブで何度もやっているので)慣れてますし、何よりメークさんがすごく上手くなってます」

ユーキ「見たことがない方は“おお!?”となるかもしれないですけど、ライブで知ってる方は“あ?またね(笑)”ってなってるかもしれないですね(笑)」

◆『ものまね紅白』で“この人に勝ちたい!”という野望はありますか?

ユーキ「大きく言っておいたほうがいいんじゃない? キング…キング的な…」

カイ「コージー冨田さん? もう…レジェンドですよ…」

リョウガ「手出しちゃいけない」

カイ「裏でも練習されている姿を見るんですけど、風格がもう全然違うので、適わないなあと正直思っちゃいます」

リョウガ「ものまねに対する愛が深いですからね」

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

ユースケ「超特急って体張ってるんだなと、ただのボーイズグループじゃないということをお届けすることができたらと思います。メインダンサー&バックボーカルグループという唯一無二のバラエティー要素もあるグループなので、ぜひ、ご注目ください!」

金曜プレミアム『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』
フジテレビ系
9月21日(金)午後7時~9時55分

<司会>
白組:今田耕司、山﨑夕貴(フジテレビアナウンサー)
紅組:東野幸治、三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)

<審査員>
片岡鶴太郎、丸山桂里奈、小島瑠璃子、アンミカ、朝比奈彩、森崎ウィン、小川菜摘

<出場者>
栗田貫一、ダチョウ倶楽部、松村邦洋、ミラクルひかる、山本高広、キンタロー。、テツandトモ、ビューティーこくぶ、エハラマサヒロ、JOY、おばたのお兄さん、超特急、アイデンティティ、羽生ゆずれない、福島善成(ガリットチュウ)、じゅんいちダビッドソン、くっきー(野性爆弾)、みやぞん(ANZEN漫才)、銀シャリ ほか

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真