• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

鉄拳原作、岡田将生主演の映画『家族のはなし』11・23公開決定

『家族のはなし』 鉄拳のパラパラ漫画を原作に、岡田将生主演で“家族の大切さ”を描く映画『家族のはなし』の公開日が11月23日(金・祝)に決定した。

 本作は、2013年に信濃毎日新聞との企画として発表された鉄拳によるパラパラ漫画の実写映画化。原作の鉄拳がアートディレクターとして参加しており、劇中に鉄拳が書き下ろしたパラパラ漫画と実写映像がコラボするという新たな試みに挑戦している。

 描かれるのは、リンゴ農園を営む両親とその息子の物語。さまざまな挫折を経て家族の温かさを再発見しながら成長していく主人公と、彼をそっと支える両親とのせつなくも心温まるストーリーとなっている。

 主人公・小林拓也を演じるのは岡田将生。リンゴ作り一筋で、葛藤し成長していく息子を不器用ながらもじっと見守る拓也の父親・小林徹を時任三郎、そんな父と息子を見守る優しい母親・小林愛子を財前直見、拓也に時には厳しく、時には優しく隣で助言をする地元の同級生・明日香を成海璃子が演じる。また、金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉が脇を固める。

 監督は、WOWOW「海に降る」やNHK「絆~走れ奇跡の子馬」の山本剛義が務め、主題歌&劇中楽曲を新進気鋭のバンド・サイダーガールが担当する。

 なお、9月21日(金)よりムビチケの発売がスタートする。

映画『家族のはなし』
11月23日(金・祝)よりイオンシネマで全国ロードショー(一部劇場を除く)

<STORY>
リンゴ農園を営む優しい両親とその一人息子・拓也。上京しバンド活動を営むが挫折。そんな彼を優しく見守る両親。しかし、両親の気持ちを疎ましいと感じ、いらだちを常にぶつけてしまう。大学中退の秘密を持って帰郷した拓也だが、父、徹も拓也に言えない秘密があって―。

監督:山本剛義(WOWOW『海に降る』、NHK『絆~走れ奇跡の子馬~』)
出演:岡田将生、成海璃子、金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉/財前直見、時任三郎

制作:よしもとクリエイティブエージェンシー MBS
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
配給:KATSU-do
製作:吉本興業 MBS VAPユニバーサル・ミュージック

公式HP:http://kazokunohanashi.official-movie.com/

©「家族のはなし」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える