• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ディケイドが敵に?井上正大が『仮面ライダージオウ』に友情出演

(C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

(C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 井上正大が、テレビ朝日系『仮面ライダージオウ』((日)前9・00)に友情出演。『仮面ライダーディケイド』で演じた門矢士/仮面ライダーディケイド役で12月2日放送の第13話から登場する。

 奥野壮演じる主人公の常磐ソウゴ/仮面ライダージオウが時空を駆け巡り、歴代の作品の時代でアナザーライダーと戦う物語。井上が初登場する第13話は『ゴースト』編。ソウゴの行動で未来が変わりつつあることに危機感を抱いたウォズ(渡邊圭祐)が、ジオウを倒そうとするタイムジャッカーに接近。彼らの目的を達成するため、ソウゴにとって最大の障害となる人物として、「すべてを破壊し、歴史を変える者」=士を呼び寄せる。

 ソウゴたちの敵となった士は、新たなベルトでディケイドに変身。ディケイドはライダーカードにより、クウガからビルドまでの歴代平成仮面ライダーにカメンライド(変身)することが可能で、ファイナルアタックライドのカードでそれぞれの必殺技を繰り出す。

 これまではタイムジャッカーがアナザーライダーを生み出した時点で対応する仮面ライダーの歴史は無くなってきたが、ディケイドはジオウと似たような力を持ち、ほかの仮面ライダーとは違った形でソウゴたちと絡む。「通りすがりの仮面ライダーだ」という名ゼリフは健在で、人の話を聞いているのかいないのか、「大体わかった」と返事をする独特の態度も変わらず。士の登場によって新たな展開を見せ始める『ジオウ』に注目だ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真