• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

特待生・三遊亭円楽&立川志らく昇格試験で明暗分かれる『プレバト!!』12・20放送

『プレバト!!』 12月20日(木)放送の『プレバト!!』(MBS/TBS系)は、「俳句」と「絵手紙」の才能査定ランキングを行う。

 「俳句の才能査定ランキング」は、三遊亭円楽(1級)と立川志らく(3級)が昇格試験に登場。「落語家枠は私だけでいいんじゃない」という円楽に対し、志らくは「また腹黒い中途半端な句を詠んでほしい」と反撃するなど、両者バチバチのバトルとなるが、ハイレベルな査定で落語家特待生二人の明暗が分かれる。

 また、ランキング戦には「自信はあります。才能あふれちゃって」と話す研ナオコ、17回目の挑戦で「ごちゃごちゃ考えるのをやめてシンプルにいきました」と話す二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、俳句だけでなく「夏井先生あるある」も考えてきたレイザーラモンRGが参戦。

 さらに、初登場の酒井美紀と坂下千里子が「子供が番組を見ているので」と明かし、本気の俳句で勝負する。お題は冬本番ということで「こたつとみかん」の写真。「予想外でした、これは」と夏井いつき先生を驚かせて2018年最高点で「才能アリ1位」を獲得したのは誰なのか。

 いっぽう、「絵手紙の才能査定ランキング」には、研、酒井、坂下、二階堂、レイザーラモンHGが挑戦。テーマは「絵手紙の年賀状」。鯛やお雑煮などお正月にちなんだ品々から題材を選んで、感謝の気持ちを伝えたい相手への絵手紙を描く。

 研は何年も舞台で共演している梅沢富美男へ、また、過去「才能アリ」をとっている二階堂は「やっときた!自信ある。こっちで」と豪語しライブでお世話になっている“同じ事務所の大先輩”へ心を込めて年賀状を描く。通信教育の超人気講師・花城祐子先生が「私には描けません」と大絶賛した作品も登場する。

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える