• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

馬場ふみか、中村ゆりか、秋山ゆずき、伊原六花がアイドルグループに!竹内結子主演『QUEEN』第1話に出演

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』 2019年1月10日(木)にスタートする竹内結子主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)の第1話に馬場ふみか、中村ゆりか、秋山ゆずき、伊原六花が出演することが決定した。4人は劇中で国民的アイドルグループ“フォレスト”のメンバーを演じる。

 本作は、竹内演じる危機管理を専門にする異色の弁護士で、知る人ぞ知る天才トラブルシューター・氷見江が主人公。パワハラ、セクハラ、名誉棄損、損害賠償など、さまざまなトラブルの渦中にいる人たちを救うべく、氷見とその同僚たちが人心掌握、情報操作といった特殊なテクニックを駆使して活躍する。演出は関和亮。

 第1話で氷見を訪ねてきたのは、ミナトテレビに務める男性で、国民的な人気を集めている4人組アイドルグループ“フォレスト”の冠番組「フォレスタジアム」のプロデューサー。前回、生放送で“フォレスト”が歌を披露している際に、センターを務める赤江桃子が歌詞を間違えるトラブルが発生。のみならず、そんな桃子のそばにリーダーの白石杏里が近寄り、肩をぶつけて「ふざけんなよ」と言い放ち、桃子が過呼吸になってしまうという事態に発展。

 その模様が全国に流れたことで、多数のメディアが“フォレスト”の不仲説や解散疑惑を報道することとなり、ファンや視聴者からは番組に大量のクレームが寄せられ、その中には杏里への殺害予告も。

 事を重く受け止めたミナトテレビは、番組内で“フォレスト”の謝罪会見を放送することに。謝罪会見は収録で行われることとなり、プロデューサーは、万が一に備えて危機管理の専門家である氷見に協力してほしいという。

 そして収録当日、氷見たち危機管理部のメンバーはミナトテレビに向かい、まずは“フォレスト”のメンバーと面接を行う。しかし、彼女たちは一筋縄ではいかず、さらに予想外の出来事が次々と起こり…。

 “フォレスト”のリーダー・白石杏里を演じるのは馬場ふみか。センターの赤江桃子を演じるのは中村ゆりか。ダンスメンバーの蒼井ゆず季を演じるのは秋山ゆずき。同じくダンスメンバーの緑川林檎を演じるのは伊原六花。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』
フジテレビ系
2019年1月10日スタート
毎週木曜 午後10時放送 初回15分拡大

<出演者>
竹内結子 水川あさみ 中川大志 泉里香・バカリズム 斉藤由貴 他

<スタッフ>
脚本:倉光泰子 三浦駿斗
主題歌:YUKI
オープニングテーマ:milet「inside you」
音楽:SOIL&”PIMP”SESSIONS
編成企画:加藤達也
プロデュース:貸川聡子(共同テレビ)
櫻井雄一(ソケット)
演出:関和亮 横尾初喜 山岸聖太 戸塚寛人
制作協力:ソケット
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ

公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/QUEEN/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える