• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山口紗弥加「現場のリーダーは片瀬那奈(笑)」オトナの土ドラ『絶対正義』制作発表

『絶対正義』
 2月2日スタートのオトナの土ドラ『絶対正義』(フジテレビ系 毎週(土)後11・40)制作発表会見に、山口紗弥加、美村里江、片瀬那奈、桜井ユキ、田中みな実が登壇した。

 本作は、ひとつの間違いも犯さず、一切の過ちも許さず、法律のみを唯一の価値基準として生きる高規範子の“正義”に、周囲の人々を翻弄するさまを描いた心理サスペンス。

 主人公・高規範子を演じる山口は「範子に共感できるところはありません。なので客観視することをやめて、私は範子自身で、範子の“正義”を信じ切った上でみんなとぶつかっていっているところです」と撮影を振り返った。

 そんな範子に運命を狂わされていく友人たちを演じるのは美村、片瀬、桜井、田中。美村は「視聴者の方々に『気の毒に』『辛そう』と思ってもらえるよう、まず衣装合わせの時に『ダサくしてください』『貧乏に見えるようにしてください』とお願いをして。そして経済的なひっ迫感を出すためにコーヒーを口に含んで歯をちょっと黄色くして撮影に臨んでおります」と役作りについて明かした。

 山口から「現場のリーダーは片瀬那奈です、船長なんです(笑)」と指名を受けた片瀬は「うるさいのが私だけなんですよ。ドラマの役柄同様、みんなの個性が誰1人かぶっていないので、それぞれの得意な分野の話をしたり、恋愛トークをしたり。本当に高校生に戻ったような気分です」と。

 共演をきっかけに印象が変わった人物を聞かれると、片瀬は「みな実ちゃんかな。すごいしっかりしているし、この中で1番冷静」と回答。これには田中が「冷静なんじゃなくて、本当に緊張していて。私は次のシーンに対する不安感があるので台本を読んでいるんですが、皆さんは直前までお話しされているので女優さんってすごいなと思っています」と明かし、共演者陣に尊敬のまなざしで見つめた。

 続いて、タイトルにちなんで“絶対○○”トークへ。会見直前までカレーを食べていたという桜井が「食べている途中で、考えるのを忘れてしまいまして(笑)。あります?」と逆に聞き返すと、すかさず山口が「絶対“ジップロック”でしょ?」とパス。桜井が「そうですね、実は私化粧ポーチとして長年ジップロックを愛用していまして…」と話し始めると、片瀬から「ボロボロだよね」などツッコミが入るなど、あっという間に女子会のような雰囲気に包まれ、会場を沸かせた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える