• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

乃木坂46・高山一実「ずっと恋をしていて、今回恋が実った」

乃木坂46・高山一実

 乃木坂46の高山一実が「高山一実写真集 独白」を発売し、2月27日(水)にお渡し会が行われた。

 グループ初の小説家デビュー作「トラペジウム」が発行部数17万部を超える大ヒットとなり、エンターテインメント業界のみならず文学界からも熱い注目を浴びる高山の2冊目となる写真集。

 本写真集は、高山の憧れの国・フィンランドのヘルシンキが舞台。図書館を探検し、トラム(路面電車)ではしゃぎ、老夫婦とバーで盛り上がり、静かな大聖堂にたたずむ。そして旅はヘルシンキから古都ポルヴォー、森と湖の町ハメーンリンナへ続いていく中で、本人曰く、素の表情がいっぱい詰め込まれた一冊になっている。

「高山一実写真集 独白」

 高山は「今回は私のすべてが詰まっています。一生のうちに行けたらいいなと思っていた、憧れのフィンランドへ行くことができて、夢が一つかないました。それだけではなくて、たくさんのプロフェッショナルな方たちに支えられながら、自分では普段行けないような街とかファミリーの方に出会えたりして、楽しい思い出になりました。ただただ幸せという気持ちです」と写真集への思いを語った。

 ファースト写真集「恋かもしれない」発売の時からヘルシンキへ行きたいと言っていた高山。「千葉は大好きなんですよ。でも、海外旅行も好き。ヘルシンキにはずっと恋をしていて、千葉は家族愛みたいな感じ。今回は恋が実ったって感じですね」と。

「高山一実写真集 独白」

 さらに「本屋さんでグラビア撮影をした時に、カメラマンさんから近くの本を手に取ってくださいと言われて、手にしたのがヘルシンキの雑貨が書かれている本だったんです。そこで、ヘルシンキって素敵な街なんだと知って、好きがつのりました」と、ヘルシンキを憧れたきっかけを明かした。

乃木坂46・高山一実

 印象に残った景色として、特典のオリジナルポラロイドZINEの表紙になっている写真を挙げ、「この風景が一番忘れられません。これだけ素敵な景色なんですが、少しだけ千葉を思い出しました。なので、私は第二の故郷かなと勝手に思ってます。同級生の友達の家の近くの景色に似ている(笑)」と語った。

 自身のお気に入りの写真について聞かれると「2つあるんですが」と、犬と一緒に写っている写真をセレクト。「フィンランドの方は本当にやさしくて、目があうとほほ笑んでくださったりしたんですが、動物には嫌われてしまって(笑)。犬が見てくれなくて悲しい表情をしてます」と。

©「高山一実写真集 独白」(徳間書店)撮影:蔦村吉祥丸

©「高山一実写真集 独白」(徳間書店)撮影:蔦村吉祥丸

 もう1つのお気に入りは、バスタオルを巻いた姿で湖を見ている大人っぽい写真で「この湖の近くにあるサウナに入った後の装備です」と、記者から、笑っているように見えると聞かれると「水がすごく冷たかったんですが、担当編集さんが気づいたら水の中で泳いでいて、その姿に笑いました(笑)」と表情を引き出してくれたきっかけを明かした。

©「高山一実写真集 独白」(徳間書店)撮影:蔦村吉祥丸

©「高山一実写真集 独白」(徳間書店)撮影:蔦村吉祥丸

 今回のコンディションを問われると「乃木坂に入って一番体形を絞りました。メンバーから教えてもらったりして、姿勢矯正に通ったりしました」と。しかし、フィンランドへ行く飛行機でハプニングがあったようで「人生初のものもらいができるという。こんなに体作って、ニキビとかも気を付けたはずなのに~って。泣きそうになったんですけど、とどまってくれたのでギリギリ大丈夫だと思います」と写真集をめくって確認していた。

©「高山一実写真集 独白」(徳間書店)撮影:蔦村吉祥丸

©「高山一実写真集 独白」(徳間書店)撮影:蔦村吉祥丸

 最後に「写真集を作るとなった時から正面に向き合って、それが一冊にまとまり、自分の中では、こんなに満足のいくものが出来、正直100点のものが出来上がりました。皆さんには、全ページ見ていただくと、どんな感想を持っていただけるのか、自分では分からないので、よかったらお手に取ってみてください。そして、感想を聞かせて教えていただけるとうれしいです」と締めくくった。

©「高山一実写真集 独白」(徳間書店)撮影:蔦村吉祥丸

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える