• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

岡山天音、こけしにハマる「家に4体います」『週休4日でお願いします』3・29放送

『週休4日でお願いします』
 3月29日(金)放送のドラマ『週休4日でお願いします』(NHK総合)の試写会が行われ、主演の岡山天音と脚本の石原理恵子が出席した。

 本作はテレビドラマのオリジナル脚本を対象としたコンクール「創作テレビドラマ大賞」の第42回大賞受賞作を映像化した“じんわり系”ラブストーリー。街の弁当屋を舞台に、業務の忙しさに悩む高橋直人(岡山)が、パートで週休4日を希望し、こけしが大好きという不思議な青木華(飯豊まりえ)と出会い、恋心をはぐくみながら自分を見つめ直す姿を描く。

 弁当店の正社員・高橋を演じる岡山は「僕も忙しかったり、仕事がたくさんあるのは当たり前で、正しいことだっていう前提が無意識のうちにありました。それはとてもすてきなことですが、無意識なうちに傷ついた人もたくさんいると思っていまして。そういう人たちがふと立ち止まってみるきっかけになってほしいという思いを高橋君に込めながら演じていました」と語った。

 今回、青木を演じた飯豊まりえはスケジュールの都合で会見を欠席。しかし、岡山の隣にいた巨大なこけしから飯豊の声で「自分の働いていることについて考えたり、自分の人生って何を生きがいにしているんだろう?って日常生活でなかなか考えることもなかったので、この作品を通して自分を見つめ直せました。新たに一歩踏み出せた」とメッセージが流れた。

 飯豊の印象について岡山は「明るくて楽しい方でした。撮影現場の空気が明るくなって、救われました。とってもポジティブなイメージです。撮影は1週間もなかったのにいろいろなお話ができました」と。こけし(声:飯豊)からは「人見知りって言っていましたけど、柔らかくさっぱりしていて、とても真っすぐな人だなって思いました。高橋君のキャストが岡山さんだって聞いて『ピッタリだ!』って思いました」と高橋役の岡山を絶賛した。

 印象に残ったシーンについて岡山は「高橋が青木とこけしのイベントに行くところです。すごい数のこけしがいて、表情や形、何から何まで違ってとても新鮮でした。こけしが大好きになってしまって、撮影後、家にこけしが4体います(笑)」とこけしが好きになったことを明かした。

 今回841編の応募作から大賞を受賞した石原は「岡山さんと飯豊さんが高橋君と華ちゃんを想像以上に想像らしく演じてくれたおかげで、自分が思ってたよりも面白く、幸せなドラマになりました。1人でも多くの人に見てほしいです」と語った。

『第42回創作テレビドラマ大賞「週休4日でお願いします」』
NHK総合
3月29日(金)後10・00~10・44

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える