• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

MADE・冨岡健翔「平成最後にこの作品に巡り合えて良かった」舞台「イケメンヴァンパイア」開幕

舞台「イケメンヴァンパイア」
 ジャニーズJr.内ユニット・MADEが初主演を務める舞台「イケメンヴァンパイア◆偉人たちとの恋の誘惑 THE STAGE ~Episode.0~」のゲネプロが行われた。

 女性向けの大人気恋愛ゲームを舞台化した本作。秋山大河がナポレオン・ボナパルト、稲葉光がレオナルド・ダ・ヴィンチ、冨岡健翔がヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、福士申樹がアーサー・コナン・ドイルを演じる。

 ゲネプロを終え、取材に応じた秋山は「すごく緊張しました。イケメンヴァンパイアっていう世界の12人の偉人が、それぞれがどういうキャラクターなのか一番に伝えたいなっていう気持ちで稽古をしてきました。めちゃくちゃ緊張したけど、これが俺らだぞみたいなのができたかなと思っています」と手応えを語った。

 演じるキャラクターについて、冨岡は「通ずるところもあれば、まったく違う部分もある。それも演じる上で楽しくなるので、演じがいがあるというか、役を作る上で僕たちもたくさん悩みました。でも原作さんの思いもありますし、今までこのゲームをたくさん遊んでくださっている方にも、やっぱり楽しんでいただける舞台になってほしいというのもあって、愛してもらいたいキャラクターたちなので、それをどう作るかっていうのが、今回大変だった部分ですね」と。

 さらに、劇中でバック転やバック宙などのアクションを披露している冨岡は「僕もモーツァルトでゲームをやったんです。これはおそらくアクションしないなと思っていたんです。ピアニストだし、手が大事だから。人を殴ったり、蹴ったりしないって思ってたのに、台本をよくよく見たら、すごいアクションだった」と告白。これに、秋山も「みんな意外だったよね」と。

 冨岡は「だから、原作にもこんなシーンあるよねっていうところもあれば、こんなことするの?みたいなところが、みんなそれぞれある」と語ると、福士が「俺、健翔を怒らせたくないもん」と。冨岡も「怒るとすごく怖いみたいなキャラクターとか、ゲームでは出してないキャラクターもおそらくあると思うので、舞台ならではの楽しみ方があるなっていうのを思っています」と語った。

 本作の世界観に初めて挑戦するMADE。冨岡は「飛び込むのはちょっと勇気がいりました。最初のビジュアル撮影の時もそうですけど、不安でしたね、最初は」と。

 初めて見たときどう思った?と問われると、秋山は「(ビジュアル撮影の時)順番に入っていったんですけど、気づかれなかった」と。福士も「一番最後に入ったんですけど、まじで『え?』って感じ。カラコンを見るのも初めてだったから」と語り、それぞれが冨岡が紫、稲葉が琥珀、秋山がグリーン、福士が青と、つけているカラーコンタクトの色を明かした。

 本作のキャストが同じ世代の男性が多いということから、稽古場などの雰囲気を問われると、口をそろえて「男子校みたい」と。稲葉は「みんなで休憩中とかに、じゃんけんしてコンビニで何か買って来ようぜ!みたいな」と例を上げた。

 さらに、太宰治役の竹石悟朗が「始まる前に円陣を組んだんですけど、掛け声何にしようかって。『俺たちはイケメンだー』と言って、みんなで出ました」と、みんなで鼓舞して舞台に上がっていたことを告白した。

 また、12人の中から誰を選ぶ?という質問に、稲葉は「僕はレオナルドを選びますね。設定上では、一番年齢が年上なので、みんなのリーダー的なまとめ役。そういう立ち回りになるので、純粋にカッコいい大人だなと思いますね。僕は自分を推します」と。

 福士は「キャラクターで言ったら、アーサーが一番人気だと聞いていて、すごくプレッシャーに押しつぶされそうです。アーサーが女たらしの役なんですけど、(キャストに)女性がいないので、とりあえず本番中みんなに触るというのをやった。たぶん、みんな触った、触られるを入れたら、全員触ったと思う。そこから女たらしが始まるのかな(笑)」と不思議な役作りについても触れた。

 また、事務所の垣根を越えた共演について、冨岡は「ある種、新しい時代を切り開ければなと。そのきっかけになれればいいなという思いで、みんな臨んでいます。特に平成が終わるということもあって、僕らにとっても平成最後の大仕事。平成最後にこの作品に巡り合えて、本当に良かったなと思ってます。このチームで駆け抜けられるというのは幸せだなと思ってます」と。これに秋山も「ぜひまたやりたいですよね。令和でも。このイケメンたちで、勢ぞろいします」と再演を願っていた。
 最後に秋山が「このキャラクターたちがどういうふうにして、ゲームのイケメンヴァンパイアたちになっていったかというお話。もちろんゲームを知っている方には、そうだったんだなと思ってもらえるところも。この舞台を見ていただいて、さらにイケメンヴァンパイアをやりたいと思ってもらえるように、僕たちも頑張っていきます」と締めくくった。

「イケメンヴァンパイア◆偉人たちとの恋の誘惑 THE STAGE ~Episode.0~」は、東京・EX THEATER ROPPONGIで4月16日(火)まで上演される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える