• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『シューイチ』放送400回!中山秀征&片瀬那奈&中丸雄一が語る番組の魅力とは?

『シューイチ』
 日曜朝に放送中の情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)が、4月14日(日)の放送で放送400回を迎える。それに先立ち、番組MCの中山秀征、片瀬那奈、レギュラー出演者の中丸雄一が囲み取材に登場した。

 2011年4月にスタートした『シューイチ』。放送400回を迎えるにあたり、中山は「月並みですけれど、本当にあっという間。スタートして8年、それだけ時間がたっているんだけれど、鮮度のいい番組だなとつくづく感じています」と語った。

「情報番組司会自体が初めてだった」と語る片瀬は「8年前はちょうど震災が起こった年でもあり、不安な面が多かったんですけれど、ヒデさんが優しく引っ張ってくださって、本当に素敵な環境で毎週楽しくやらせていただいています。『シューイチ』の強みというのは、この仲の良さだと年々感じています」と。

 中丸は「1年目のときに10年続く番組を目指そうとテーマを掲げていて、8年やってみた今、本当に恵まれた番組に携われることができたんだなと感じています」と思いを明かした。

 400回の中で、特に印象的だった回を聞かれると、中丸が「安倍首相とヒデさんのインタビューを中継でつないだことがあって。ふざけたこともやるけれど、そういったきちんとしたインタビューもあるという、その回が『シューイチ』の振り幅の広さをすごく表している気がしました」と振り返ると、中山も「難解なニュースを扱うこともあるけれど、最後には楽しく終わるのが『シューイチ』の2時間半。これはほかに例がないと思うし、番組の自信でもあります」と笑顔を見せた。

『シューイチ』はどんな存在?という質問に、片瀬は「家族であり、幼稚園から大学まで一貫の学校のようでもあり…。すべての要素を詰め込んだ小さな”地球”みたいな感じ(笑)」と表現。中山は「(放送中に何かを判断するときに)『こっちだろうな』という感覚が僕にも那奈ちゃんにも中丸君にもあって、それが自由自在にできる関係性になっている。それはやろうと思ってできることではないんですが、いい空気感で理解できる人たちとそれができたときは、その番組は絶対ちゃんとうまく回るんですよ。誰かが誰かを救うし、誰かが誰かをツッコむし。それが当たり前のことになって、番組を見ている方にも当たり前の構図になっている。それが僕は非常にうれしいです」と語った。

 番組スタートから8年がたち「自分が成長したところは?」という質問も。片瀬は「もともと人の話を聞くことは好きだったのですが、聞く立場になったことで、より相手の気持ちが分かるようになりました。察しようとか機転を利かせなければと思うことが増えたかな」と。中丸は「今もおぼつかないですが、初回に比べれば多少は自分の思っていることが言えるようになったかと思います。プロフェッショナルな方やコメンテーターとしての経験が豊富な方々の隣に毎週座らせてもらえるのは、本当にいい経験になりますね」と共演者への感謝の思いを口にした。

 これを受けて、中山は「女優さんが何かをやるとき、一番難しいのは“自分の言葉”だと思うんです。台本や役設定があるわけではない自分の言葉は傷つくリスクもあるし、勇気がいることですよね。那奈ちゃんは、この8年の中でそこを苦しみながらも楽しんでやってきて、感覚をどんどんつかんできている。すごいなと思います。この経験はいずれ全部、那奈ちゃんの糧として返ってくるんじゃないかな。この先、もっと年齢や経験を重ねていくのが楽しみです」と絶賛。

 中丸については「中丸君は事前に勉強しているけれど、それ(コメント)が通り一遍の言葉にならないようにしているので、よく聞くと“攻め”なんですよね。いろんなコメンテーターの方たちの中でも、実は一番攻めたことを言うことがあったりするし、一貫している。利口にコメントすることは誰でもできると思うんですけれど、感情をもったコメントは言えそうでなかなか言えないんですよ。そういうところは中丸君の魅力だと思いますし、アイドルの“超進化系”ですよね。僕はすごく高く評価しています」と語った。

『シューイチ』
日本テレビ系
毎週(日)前7・30~9・55

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える