• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「柴公園」渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本らがトークショー

「SHIBAフェス」「愛犬と一緒に青空映画館で、映画『柴公園』先行特別試写会を観よう!~SHIBAフェス in 渋川市中村緑地公園が今日だけは『柴公園』~」が群馬県渋川市で開催され、渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本、綾部真弥監督、あたる、じっちゃん、さちこがトークショーを行った。

<登壇時のあいさつ>
渋川清彦:渋川市出身の渋川清彦です。本名は田中清彦です(笑)。よろしくお願いします。こんにちワン!

大西信満:皆さん、こんにちワン!(笑)暑い中ご苦労様です。よろしくお願いします。

ドロンズ石本:皆さん、こんにちワン!(笑)私もイベントを後ろから見ていましたが、犬たちと一緒に映画を観られるのは、本当に楽しいですよね。

綾部真弥監督:こんにちワン!天気が心配でしたが、何とか天気がもって、途中小雨を少し降りましたが、皆さんがそれでも映画を観てくださって、感動しました。

<印象深いシーン>
渋川:じっちゃんパパ(大西)の犬の抱っこの仕方。じっちゃんが脚をパコーンって開くんです(笑)。あれは面白いですね。

大西:あれはサービスですね(笑)。観てくれる方へのサービスですね。

ドロンズ石本:あたるが一郎と別れるシーン。あれは、感動しますよね。作品を観て泣いちゃいましたね。最初DVDで観て、その後、関係者試写会でも観て、ボロボロ泣いちゃいました。あたるのシーンもそうですし、あたるパパ(渋川)とポチママ(桜井ユキ)が走るシーンとか。一歩成長する人間模様や人間よりも悲しい表情をするあたる。あれは最高ですよね。あと、公園が封鎖されて公園にそっと入っていくんですが、遠慮しながら、さちこが入っていくというお芝居。本当に観てほしいですね。うちのさちこ抜群でした(笑)。

綾部監督:とにかく、さちこのアップを撮ってもらいたいという石本さんの交渉がありましたよね(笑)

<撮影中のエピソード>
渋川:対あたるとか、じっちゃんとかさちことか、犬たちへの反応がアドリブなんじゃないですかね。自然と出てしまいますよね。

ドロンズ石本:大西さんが一番撮影楽しそうでしたよね。人との絡みも面白いですし、犬との絡みも面白い。最高でしたね。

大西:ドラマと映画を同時並行で撮影していたので、余裕なかったですね。

綾部監督:ドラマも1話、2話と順番に撮影していくということではなく、バラバラだったので、技術的な部分でカバーしていったりしました。

<観客からの質問に答えるティーチイン>
◆一番大変だったこと

渋川:セリフの量が多くて大変でした。恐らく出演者の皆さんもそうだったと思います。

大西:撮影していた時期が秋から冬に掛けてだったので、日照時間が短くなっていく中で、撮り切らないといけないプレッシャーもあり大変でした。

ドロンズ石本:僕はお腹が空くことです(笑)。お弁当の日もあれば、スタッフさんがパスタを作ってくれる時もあって、公園で作るのですが麺がぺチャぺチャで…それを食べるのが大変でした(笑)。

綾部監督:犬たちに負担を掛けさせないように、健康状態を考えながら撮影していた。大変というよりは気をつけていました。何とか元気に生き生きと、寝てても良いし、遊んでても良いし、自由にしてあげるというところを注意していました。

◆パートナー犬の好きなところ
渋川:あたるは顔ですね。後は、やんちゃな性格で甘ったれなところが好きです。

大西:3匹の中で一番スタイルが良くて、そこが一番好きですね。

ドロンズ石本:僕もそうなのですが、食べたらすぐ寝る。何かやったら、ご褒美を欲しがる。人間の僕と一緒ですね(笑)。そこが一番かわいいです。

◆犬とのコミュニケーションの取り方
渋川:おやつをあげることもそうですが、朝、撮影前に散歩して、ウンチをしたら拾ってということをやってコミュニケーションを取っていきましたね。

大西:基本じっちゃんは、自由なので大変ですが、朝散歩して一緒にいてコミュニケーションを取っていきますね。

ドロンズ石本:さちこは一番お利口さんだったので、特に苦労もなくでしたね(笑)。

映画「柴公園」
6月14日(金)より全国のイオンシネマ・シネマート新宿ほか公開

<ストーリー>
ある街の公園。柴犬を連れてやって来る3人のおっさん、あたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、日々壮大な無駄話を繰り広げていた。ある日、3人の中で唯一独身のあたるパパに恋の予感が。相手は真っ白な柴犬・ポチを連れたポチママ(桜井ユキ)。もどかしいふたりを応援するじっちゃんパパとさちこパパだったが、あたるパパが謎のイケメン(水野勝)と密会しているのを目撃。イケメンの正体を探るべく、聞き込み調査をするふたりだが、さっぱり要領を得ない。一方、豆柴の一郎をあたるパパに預けていた中年ニートの芝二郎(佐藤二朗)が、そろそろ一郎を返してほしいとあたるパパに連絡をしてくる…。

出演:渋川清彦 大西信満 ドロンズ石本 桜井ユキ 水野勝 松本若菜 寺田農 山下真司 佐藤二朗

監督:綾部真弥 製作総指揮:吉田尚剛 企画/脚本:永森裕二 プロデューサー:岩淵規 撮影:伊藤麻樹
照明:藤森玄一郎 録音:井家眞紀夫 装飾:うてなまさたか 衣裳:岡本佳子 ヘアー・メイク:佐々木愛 小道具:古澤禅
助監督:石田和彦/田口 桂 動物トレーナー:ZOO動物プロ 制作担当:田中清孝 編集:岩切裕一 劇伴:沢田ヒロユキ
カラリスト:今塚誠 ポスプロ:キュー・テック
主題歌:「カンタンアイテラス」(AMG MUSIC)作詞・作曲:坂本英三 歌:岡部力也
制作プロダクション:メディアンド
企画・配給:AMGエンタテインメント
配給協力:イオンエンターテイメント
製作:「柴公園」製作委員会

©2019「柴公園」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える