• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐藤勝利&髙橋海人「ブラック校則」にモトーラ世理奈、田中樹、箭内夢菜、堀田真由、葵揚、水沢林太郎

「ブラック校則」

 11月1日(金)公開の映画「ブラック校則」で生徒役を演じるキャスト6名が解禁された。

 本作は「男女は1m以上離れる」「下着は白のみ着用可」「授業中のトイレは男子1分、女子3分以内」など生徒たちを必要以上に縛りつける理不尽な校則に立ち向かう高校生たちの姿を描く物語。ブラック校則に青春をゆがめられた女子生徒を救うために立ち上がった佐藤勝利(Sexy Zone)演じる創楽(そら)と、髙橋海人(King & Prince)演じる中弥(ちゅうや)コンビが、ブラック校則に縛られていた生徒たちの心をも解放するべく奇想天外な方法で戦っていく。そんな創楽&中弥の通う高校の個性豊かな生徒役のキャスト6名が決定した。

 創楽が恋をする女子生徒で、美しい栗色の髪を生まれ持った希央(まお)を演じるのは、雑誌「装苑」でモデルデビューして以来、さまざまなアパレルブランドやファッション誌などの表紙を飾っているモトーラ世理奈。本作では黒髪以外は禁止という校則により、生まれつきの栗色の髪を黒く染めるよう強要されるヒロインを演じる。不思議な雰囲気をまとった個性的な女の子で、希央の存在は創楽や中弥の「校則をぶっ潰す!」という働きのきっかけとなる。

 不良グループのボスであり、生徒会副会長のミチロウを演じるのは音楽番組への出演や単独CM、「Youtubeアーティストプロモ」キャンペーンに抜擢されたほか、オールナイトニッポンのパーソナリティに挑戦するなど、大活躍の人気グループ・SixTONESの田中樹。ミチロウは生徒会副会長かつ不良のボスという安住の地を失いたくないため、校則を使い他の生徒たちを締めつける。

 真面目過ぎるくらい真面目な生徒会長・樹羅凛(きらり)を演じるのは『チア☆ダン』『3年A組-今から皆さんは、人質です-』『俺のスカート、どこ行った?』など話題作に出演する箭内夢菜。樹羅凛は、真面目すぎて規則がないと不安で生活できないという役どころだ。

 学校内でカースト上位に常に位置することねを演じるのは『3年A組~』に出演し、今年だけで既に6本の映画に出演、CMやバラエティ番組のレギュラーなど多方面で活躍する注目の女優・堀田真由。ことねは、先生に目をつけられるくらいなら校則に従って外ではっちゃける、それが賢い生き方だと割り切っている。

 不良グループのミチロウの手下で関西弁を話す七浦を演じるのは、NHK大河ドラマ『いだてん』や『俺のスカート、どこ行った?』などに出演し、モデルとしても活躍している葵揚。七浦は自転車通学禁止という校則により、徒歩40分かけて通学している。

 さらにミチロウの手下・漆戸を演じるのは、2017年に『奥様は、取り扱い注意』でドラマデビュー後、『都立水商!~令和~』『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』などに出演する俳優・水沢林太郎。漆戸は理不尽な校則をミチロウと共に弱い生徒に押し付けようとする。

<STORY>
光津高校のある朝の登校風景。登校する生徒たちは皆、同じような髪形、同じ制服、同じカバン、同じ靴で、個性のかけらもない。彼らは髪形、服装、行動に至るまで厳しすぎる規律を重んじる“ブラック校則”の下で学校生活を送っていた。そんな無個性集団の中でひと際存在が空気のような高校2年生の小野田創楽(おのだ・そら)はクラスの最底辺で、最低の青春を生きていた。一方、同じクラスの親友・月岡中弥(つきおか・ちゅうや)は、教室の空気を読まず、いつも予測不能な行動で周囲を驚かせる創楽とは正反対の男子。そんな2人には気になる女子生徒がいた。彼女は学校になじめず、髪を黒く染めることに反発し不登校気味。生まれ持った美しい栗色の髪の彼女に恋心を抱く創楽…。そして創楽と中弥は決意する。ブラック校則をぶっ潰す!
恋と友情の行方は!?果たしてブラック校則は”?2人の決意はやがて学校全体をも巻き込む事態に発展していく。

映画「ブラック校則」
11月1日(金)全国ロードショー

出演:佐藤勝利(Sexy Zone)、髙橋海人(King & Prince)
モトーラ世理奈、田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.)、箭内夢菜、堀田真由、葵揚、水沢林太郎ほか
脚本:此元和津也
監督:菅原伸太郎

©2019日本テレビ/ジェイ・ストーム

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える