• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

人気YouTuberエミリン&はるあん『科捜研の女』でドラマデビュー

『科捜研の女』

 人気YouTuberのエミリンこと大松絵美とはるあんが、沢口靖子主演の『科捜研の女』(テレビ朝日系)の1月23日(木)放送回でドラマデビューを果たす。

 2人が演じるのは、動画配信ユニットの“おかか姉妹”。姉・おかかエミル(エミリン)と妹・おかかハルコ(はるあん)のコンビで、さまざまな食べ物におかかをかけて食べてみる動画を配信しているという役どころ。かつお節のようなフリルや漁師風の上着など“おかか”にちなんだ個性的なファッションで登場する。

 そのおかか姉妹の知人が事件に関わり、聞き取りにやって来るのが沢口演じるマリコ。エミルがマリコの頭に“ある物”をかぶせ、おかか姉妹にスカウトする(!?)というユニークなシーンも見どころの1つだ。

 エミリンは「YouTubeではお笑い系の内容をやっているんですが、真逆のシリアスな『科捜研の女』からオファーをもらい、最初はドッキリかと思いました(笑)」と驚きつつも、沢口との共演に「事前に私たちの動画もご覧になったそうで、『毎日のように投稿して大変じゃない?』と、ご心配もいただき、優しさに感激しました」と。

 はるあんも「沢口さんがいろいろとお話をしてくださって、自然に楽しくなっていました。実際にお会いするのはもちろん初めてでしたが、とてもきれいですてきな方です」と振り返り、「初めての演技ですので、温かい目で見守っていただけたら。撮影中は本当に楽しかったので、その気持ちが見てくださる皆さんにも伝わるといいな」と語っている。

『科捜研の女』

<エミリン(おかかエミル・役)コメント>
 YouTubeではお笑い系の内容をやっているんですが、真逆のシリアスな『科捜研の女』からオファーをもらい、最初はドッキリかと思いました(笑)。ドラマの撮影はYouTubeとは全く違い、とても新鮮で貴重な時間を過ごさせていただきました。またオファーが来たら、ぜひやりたいです!
 普段、私は一人で作業をしていますが、チームワークが必要なドラマでは撮り直しのためにいったん、現場を止めるので、失敗したら“他の方にもご迷惑をかけてしまう”と緊張しました。でも沢口さんが、それを察して話しかけてくださったんです。事前に私たちの動画もご覧になったそうで、「毎日のように投稿して大変じゃない?」と、ご心配もいただき、優しさに感激しました。撮影中は、私たちが演技をしやすいようにちょっと前からセリフを言ったり、ご自身はカメラに映らないのに視線の先にいたりしてくださって、本当に神対応でした!
 放送を見たファンの方からコメントをいただくのが今から楽しみです。私がドラマに出るイメージはあまりなくてびっくりするでしょうが、役でも動画の配信をしているので喜んでもらえると思います!

<はるあん(おかかハルコ・役)コメント>
 お話をいただいた時は、本当にびっくりしました。まさか、ずっと見てきた『科捜研の女』への出演が、この人生で起こるとは思っていなかったので。役作りとまではいきませんが、セリフの練習は家族に付き合ってもらい、素人ながら事前にしてきました。
 ドラマ出演は初めてなのでとても緊張しましたが、皆さんが優しく声をかけてくださったおかげでとても楽しく終われました。特に沢口さんがいろいろとお話をしてくださって、自然に楽しくなっていました。実際にお会いするのはもちろん初めてでしたが、とてもきれいですてきな方です!
 自分の動画でも良く食べているんですが、ドラマの中でもたくさん食べていますので、そこも見どころかもしれません(笑)。初めての演技ですので、温かい目で見守っていただけたらうれしいです。撮影中は本当に楽しかったので、その気持ちが見てくださる皆さんにも伝わるといいな、と思っています!
 今回の『科捜研の女』をきっかけに、YouTuberをまだ知らない方々にも、私たちの動画を見ていただけるようになったらうれしいです。構えず気楽に視聴して、楽しんでください。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える