河合郁人「“ジャニーズっていいな”とあらためて感じました」A.B.C-Z初演出『ジャニーズ伝説2021』開幕

エンタメ総合
2021年12月08日

舞台『ABC座 ジャニーズ伝説2021 at Imperial Theatre』の公開ゲネプロと記者会見が12月7日に東京・帝国劇場で行われ、座長を務めるA.B.C-Zと、佐藤アツヒロ、ジャニーズJr.の7 MEN 侍が登壇した。

ジャニー喜多川氏が初代ジャニーズの伝説的な実話をA.B.C-Zに語り継ぎ、実話をそのままミュージカル化した傑作『ジャニーズ伝説』。A.B.C-Zが座長を務める『ABC座』で『ジャニーズ伝説』が上演されるのは、今年で6度目となる。さらに今作でA.B.C-Zは、主演に加えて、初めて演出も手掛けることに。ショータイムのメドレーでは、初代ジャニーズから2021年にデビューしたなにわ男子の楽曲を含めた「ジャニーズメドレー28曲」をノンストップで送る。

舞台にかける意気込みについて問われた五関晃一は「とにかく全力を出し尽くしたいなという気持ちですね。帝国劇場でやらせていただけますし、この『ジャニーズ伝説』をもう一度やらせていただくので、とにかく全力で頑張りたいなと思います」と話し、戸塚祥太は「ジャニーズの作品の中には非現実的なものがたくさんあると思うんですけど、この『ジャニーズ伝説』は超リアルで、振り切った作品だと思います。ジャニーさんの作品が好きな方はたくさんいると思いますが、違う味も楽しんでいただければと思います」とメッセージを送った。

橋本良亮が「帝国劇場に入るのは数年ぶりなのですが、小さい頃に毎日いた劇場なので特に懐かしいという意識もなかったです。楽屋が五関君と一緒なのですが、(堂本)光一君とかがいた“座長部屋”ゲットしました!」と自慢げに語ると、一緒に楽屋を使用している五関も「俺と良亮、座長だよね」とうれしそうにコメントした。

「ステージにいるより演出側の席にいる方が多かった」といじられていた河合郁人は、「“ジャニーズっていいな”とあらためて感じました。今回のショータイムの曲は、全て僕が選ばせていただいたんですけど、ちょっとマニアック過ぎたかなと心配です。ファンの方が劇場にお越しになってどう感じてもらえるのかが楽しみです」と。また、ショータイムで、ものまねをしていたのでは? との問いには、「してないです!(笑)なるべくものまねが出ないように踊りをガッツリつけてもらいました」と特技のものまねを封印したことも告白した。

塚田僚一は「帝国劇場で上演されたジャニーズの作品を、ほぼ全作品経験させてもらっているのですが、本当にこの劇場はたくさん思い出が詰まった劇場でして。こうやって座長をやらせていただいて本当に感謝の気持ちです。後輩たちにも『この舞台に立って良かったな』と思ってもらえるように、チーム一丸となって頑張りたいと思います」と意気込んだ。

また、以前から『ジャニーズ伝説』が好きで、チケットを買って家族で観劇していたという7 MEN 侍の矢花黎は、「ついに自分も舞台に立てるんだと楽しみです。一緒に見ていた家族が、客席とステージという形で会えるので。すごく壮大な授業参観と思って頑張りたいと思います(笑)」とほほ笑んだ。

最後には、橋本が「外はすごい寒いですけど、この作品は本当に暖まるような作品になっています。ジャニーさんから“僕はYOUたちのファンだよ”と言われたので、自信を持ってステージに頑張って立てたらなと思います!」とあいさつし、全員で「ジャニーズ!」と声を合わせて会見を笑顔で締めくくった。

<公演情報>

舞台『ABC座 ジャニーズ伝説2021 at Imperial Theatre』
2021年12月7日(火)~21日(火)帝国劇場

出演:A.B.C-Z、7 MEN 侍(中村嶺亜、菅田琳寧、本髙克樹、佐々木大光、今野大輝、矢花黎)、Jr.SP(林蓮音、松尾龍、和田優希、中村浩大)少年忍者(小田将聖、田村海琉、久保廉、山井飛翔、瀧陽次朗、稲葉通陽、鈴木悠仁、川﨑星輝、長瀬結星)、佐藤アツヒロほか

エターナルプロデューサー:ジャニー喜多川

公式サイト:https://www.tohostage.com/abc-z/

この記事の写真