観月ありさ、「伝説の少女」「TOO SHY SHY BOY!」など日本コロムビア時代の全楽曲を順次サブスク配信

音楽
2021年09月29日
観月ありさ

観月ありさが日本コロムビア時代にリリースした全楽曲が、9月29日(水)より毎週、サブスクリプション(定額聴き放題)で配信されることが決定した。

1991年に14歳で「伝説の少女」でデビューして今年で30周年。記念企画として現在所属するレコード会社・avexからリリースした楽曲を5月より毎月配信リリースしてきたが、9月29日(水)からはいよいよデビュー以来約6年間在籍した日本コロムビア時代の楽曲が配信(サブスク&ダウンロード)で解禁される。

解禁されるのはシングル13枚、アルバム6枚に収録されたオリジナル曲57曲、リミックス曲14曲の計71曲。「伝説の少女」の他、「TOO SHY SHY BOY!」「happy wake up!」「エデンの都市」といったヒット曲が含まれ、作家陣には小室哲哉、呉田軽穂(松任谷由実)、奥居香、高見沢俊彦、尾崎亜美、小林武史、辛島美登里、中西圭三、小西康陽ら豪華なミュージシャンが提供した楽曲が並ぶ。

サブスク解禁に当たり、観月は「若い年代の方々には、デビュー当時の観月ありさを感じてほしいですし、当時から応援してくださっている方々には、当時を思い返し懐かしんで聴いていただけたらうれしいです!」とコメントを寄せている。

また「観月ありさ30周年特設ホームページ」が日本コロムビア内にオープンし、観月の誕生日である12月5日(日)まで、毎週解禁される楽曲の詳細が発表された。発売が新しい順に配信され、12月5日の誕生日にはデビュー曲の「伝説の少女」とファーストアルバム『ARISA』の配信を予定している。

配信開始と同時に当時のミュージックビデオもフルサイズでホームページ内にアップされ、早速「PROMISE to PROMISE」(96)と「Forever Love」(97)の2曲の懐かしいミュージックビデオを見ることができる。

デビュー30周年の記念イヤーは来年5月まで続くが、2022年にはその締めくくりとして新曲の発表も予定されているとのこと。今年はYouTubeの生配信に挑戦するなど、積極的にチャレンジする観月の今後の活動に注目だ。

観月ありさ コメント

日本コロムビア時代の楽曲は、デビュー曲の「伝説の少女」をはじめ、私自身デビュー当時の思い入れのある楽曲が多くあります! 若い年代の方々には、デビュー当時の観月ありさを感じてほしいですし、当時から応援してくださっている方々には、当時を思い返し懐かしんで聴いていただけたらうれしいです!

WEB

日本コロムビア 観月ありさ特設サイト:https://columbia.jp/mizukialisa/

この記事の写真