『有吉の壁』ハナコがパンのバンド「イーストキングス」で登場 きつね&ヒコロヒーは泣けるストーリー

バラエティ
2021年10月27日

10月27日(水)の『有吉の壁』(日本テレビ系 後7・00~7・56)は、「ファンタジーの壁を越えろ!おもしろ童話選手権」と「バズりの壁を越えろ!ブレイクアーティスト選手権」を放送する。

「おもしろ童話選手権」では、「こもれびの森イバライド」の全面協力の下、芸人たちが童話に登場しそうなキャラクターに成り切る。シルバニアファミリーのおうちにやってきたはずのシソンヌ親子。しかし、そのおうちから、いかにもコワモテの2人(チョコレートプラネット)が出てくる。

ロッチ・中岡創一とハナコ・菊田竜大は「眠れる森の美女」を再現。王子の中岡が美女の菊田を100年の眠りから起こすためキスをしようと顔を近づけるが…。

おばあさんに届けなければならない薬草をなくしてしまった蛙亭・イワクラが泣いていると「泣かないで~」とマカロンの妖精・シュガーロンロン(中野)が登場し、佐藤栞里も「やったー!」と大喜びする。

ニッポンの社長のテーマは「金の斧」。池に斧を落としてしまった青年(辻)は池から上がってきた女神(ケツ)の姿にドン引きする。

「ブレイクアーティスト選手権」では、ハナコが子供にもウケそうな“パン”のバンド「イーストキングス」で登場。高評価の中、三四郎・小宮浩信からの鋭い指摘にハナコ・岡部大が焦りを見せる。きつねとヒコロヒーが演じる水道業者とお客さんの異色な“泣ける”ストーリーには、全員が感動の嵐。とにかく明るい安村のムエタイアイドルにスタジオ中が熱狂し、佐藤も「早く踊りを覚えたい」とドハマりする。

『有吉の壁』
日本テレビ系
2021年10月27日(水)後7・00~後7・56

この記事の写真