• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「猫忍」主役猫・金時を監督がべた褒め「デブゆえのおとなしさがいい」

「猫忍」 5月20日(土)に公開される、癒やしアクション時代劇「猫忍」。公開に先立ち、「猫の日」である2月22日(水)、イオンモール幕張新都心にて<猫の日>記者会見が実施された。

「猫侍」のスタッフが再結集し、忍者と猫の交流を描く本作。主演の大野拓朗は、本作が映画初主演となる。主役猫はネクスト猫スターのオヤジ猫・金時。

会見内ではスペシャルショーが行われ、ステージ上で本格的な時代劇が展開。その中で、「猫侍」で一躍人気を博した猫界のスター・あなごから、ニューキャットスターとなる金時へ、映画ヒット祈願の肉球バトンタッチが行われた。

「猫侍」に続き本作でもメガホンを取った渡辺武監督は「前回は中年男のポンコツ侍のお話でしたが、今回は出演者も猫もグッと若くなって、青春物語を意図して、皆さんに分かりやすく伝えることを意識しました。できるだけ猫の声が聞こえてくるように撮ろうとしました」とアピール。

金時の抜てき理由について監督は「風貌ですよね。実際に見ると、類まれなあのデカさ(笑)。顔が小さくてでかい、デブゆえのおとなしさがよかった」と太鼓判を。金時の役者ぶりを称えるいっぽうで、「図太い分、本番の声で寝てしまう(笑)」と撮影エピソードを披露し、観客を笑わせた。

最後に渡辺監督は「クスッと笑える作品になっています。猫ももちろんかわいいですし、楽しんでいただければと思います」と呼びかけた。

また、この日は、(株)時代村のユキリョウイチ社長より、「EDO WONDERLAND 日光江戸村」内をすべての愛犬・愛猫と一緒に楽しめる「生類憐みの令」発令の計画が発表された。現在は小型犬のケージに入れるかカートなどに乗せての同伴しか認められていないものの、この「生類憐みの令」により入場規制がなくなり、ペットと一緒に園内を歩き回ることができるという。時期期間は未定。

映画「猫忍」は5月20日(土)より全国ロードショー。

公式HP:http://neko-nin.info/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える