• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

遠藤憲一が“超絶カワイイ”キャラに挑む!「最大限のかわいらしさを込める」

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 5月12日(金)公開の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』で、超絶カワイイのにキレると超コワイ最終兵“木”ベビー・グルートの日本語吹き替え声優を遠藤憲一が務めることが決定した。

 本作は、ヒーローとは言い難い宇宙のはみ出し者たち“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”が、銀河を救うため強大な敵に立ち向かうアクション・アドベンチャー。

 前作で、遠藤が吹き替えを担当したグルートは、「私はグルート」のひと言で全ての意思や感情を言い表す、2メートルを超える大きな身体のキャラクターだったが、今作では25センチというキュートなミニサイズとなり、幼児のような無垢な表情を見せるベビー・グルートに。遠藤が“超絶カワイイ”と評判のベビー・グルートをどう演じるのかも見どころの一つとなりそうだ。

 遠藤は「実は吹き替えは得意ではないのですが、グルートはひと言しかせりふがないというので、前回お引き受けしました。しかし、ひと言で全ての感情を表すということが、あんなに難しいとは!正直、とても大変でした。大変だっただけに、グルートとは一心同体、すっかり愛着が湧いてしまっています。今回は前作の大きな身体がこんなに小さくかわいらしくなり、吹き替えも替えられてしまうかなと思っていたのですが、続投させていただけることになり、とてもうれしいです。前作は見た目もグルートに似ていると言ってくださった方が多く、他人とは思えなかったのですが、今回はかわいすぎて似ているところが見つかりません。自分にも子供の頃があったので、その頃を思い出し、最大限のかわいらしさを込めて、今回も楽しく演じたいと思います!」とコメントしている。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
5月12日(金)、全国ロードショー

監督:ジェームズ・ガン
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ 他

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

公式サイト:Marvel-japan.jp/GOG-Remix

©Marvel Studios 2017

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える