• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ベビー・グルートが踊りまくる!5分間のプレビュー映像解禁『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の先行デジタル配信が8月23日(水)よりスタート。MovieNEXは9月6日(水)に発売、MovieNEXプレミアムBOXも数量限定で発売される。

 先行デジタル配信を記念し、本編から約5分間の無料プレビュー映像が解禁。映像は、小遣い稼ぎとして“黄金の惑星”の電池を守るため、ガーディアンズたちが命がけでモンスターと戦うという物語の冒頭シーン。見どころは、それぞれが激しい戦いを繰り広げる中、ベビー・グルートだけは「我関せず」と踊りまくる。

 ジェームズ・ガン監督は、そんなベビー・グルートを「彼は大人のグルートの記憶を持っていない赤ん坊です」と説明する。1作目『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の最後で、大人のグルートが究極の犠牲を払った結果として、『リミックス』では約25センチの苗木のベビー・グルートとして登場することに。このキャラクターに説得力を持たせるために、2~3歳くらいの小さな子供に、いたずらっぽい異星人の性質を持たせたという。そうして、キュートでカワイイけど、怒ると危険なベビー・グルートが完成した。

 このシーンで流れる音楽は、1977年の大ヒット曲、エレクトリック・ライト・オーケストラの「ミスター・ブルー・スカイ」。ジェームズ・ガン監督は脚本執筆の段階で全曲を書き込んでおり、撮影時には実際に使われる楽曲の多くを現場で流し、出演者たちは小さなイヤホンでその音楽を聴くことができた。こうすることによって、ジェームズ・ガン監督も出演者も音楽を知った上で、動きに取り組むことができたという。このノリノリでワクワクするロックサウンドに合わせて踊るベビー・グルートのモーションキャプチャーを務めたのは、ジェームズ・ガン監督本人。その熱いダンスにも注目だ。

 なお、公式サイトでは、ベビー・グルートが日本各地で目撃されているような写真を撮って投稿すると、カリフォルニア ディズニーランド・リゾート旅行など豪華賞品が当たる「アイ・ラブ・ベビー・グルート キャンペーン」が開催中。ベビー・グルートは、自身が購入したフィギュアや人形、ご自身で描いた似顔絵など何でもOK。そのベビー・グルートと、日本国内の場所が分かるモノ(その土地のシンボルや観光スポット、名産品など)が一緒に写った写真を投稿することで応募できる。キャンペーンサイトでは、横浜や沖縄の投稿写真が追加。今後も、北海道から沖縄まで、全国のベビー・グルート写真が随時更新予定となっている。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』MovieNEX
9月6日(水)発売

MovieNEX 4,000円+税
MovieNEXプレミアムBOX 12,000円+税

8月23日(水)先行デジタル配信開始

公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/gog-remix.html

©2017 MARVEL

「アイ・ラブ・ベビー・グルートキャンペーン」
応募期間:9月24日(日)まで
サイトURL:http://marvel.disney.co.jp/movie/gog-remix/groot.html

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える