• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮﨑あおい『篤姫』以来の長塚京三との父娘役に感激『眩(くらら)~北斎の娘~』

『眩(くらら)~北斎の娘~』 葛飾北斎の娘・お栄の半生を描く特集ドラマ『眩(くらら)~北斎の娘~』(NHK総合 9月18日(月・祝)後7・30)の試写会が行われ、出演者の宮﨑あおい、長塚京三、三宅弘城と脚本の大森美香が登壇した。

 主演の宮﨑は「この作品では、絵を描くこと、言葉遣い、男の人のようにお着物を着るなど初めてのことが多く、新鮮でした。ものを作るということ、お芝居をすることが純粋にすごく楽しくて、幸せな撮影期間でした」とあいさつ。

 本作で、葛飾北斎を陰で支え続け、自らも絵師として生涯を全うする娘・お栄を演じる宮﨑。「日本画の練習をして筆を動かせば動かすほど、なんて難しいことなんだろうって実感しました。お栄を演じているときも北斎役の長塚さんを見て、お栄さんの言葉、『すげぇ~な~』っていう気持ちでいっぱいでした」と絵の奥深さを体感したという。

 また大河ドラマ『篤姫』(2008)以来、父娘共演を果たした長塚の印象については「『篤姫』のときは、チャーミングで愛らしい“父上”だったんですけど、今回の“親父殿”では『あれ、長塚さんってこんなに大きな人だったかな?』と感じました」と。

 いっぽう、北斎役の長塚は「朝目覚めたら、自分が北斎として生き始めるというのは夢のよう」と撮影を振り返り、「僕らが演じていた色にあふれている世界は、映像になってもきれいに映るんだと私自身も感動しました」と語った。

 また、北斎の一番弟子役の三宅は、本作について「北斎先生、お栄さんを演じる長塚さん、宮﨑さんのお芝居のすごみが画面から伝わってくる力強いドラマです。それでいて師弟愛、親子愛、夫婦愛、いろんな愛情が散りばめられています」と見どころをPR。さらに、印象に残っているシーンについて「野田秀樹さんが演じた滝沢馬琴の声の高さ…(笑)。この人こんな声高かったんだって…」と病に倒れた北斎を見舞いにきた戯作の大家・馬琴の登場シーンを挙げ、キャストと会場を沸かせた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える