• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

横山由依「新しい風を吹かせてほしい」『AKB48ドラフト会議』55名を指名

『AKB48ドラフト会議』 2015年5月以来の開催となる「第3回AKB48グループドラフト会議」が1月21日に都内で開催された。

 今回のドラフト会議は、メンバーでなくファンの投票で指名候補生を決定する新しい試み。6グループ15チームのキャプテンをはじめとするメンバーが、チームの未来を共に作ってくれる人材を獲得しようと集結し、横山由依グループ総監督が「AKB48グループの飛躍を後押ししてくれるようなメンバーを選んでいただきたい」と開会宣言をした。

 オーディションを経てドラフト候補生となり、今回のドラフト会議に参加したのは68名(前回47名)。まずは、全員で「会いたかった」「RIVER」し、その後は、6グループに分かれて「#好きなんだ」「意外にマンゴー」などの楽曲で精いっぱいのパフォーマンスを披露した。

 そして、いよいよ運命の投票が開始。パフォーマンスを終えたことでいったんリラックスしていたものの、投票開始でまた緊張感が高まり、泣き出してしまう候補生の姿も。そんな中、次々と指名された候補生の名前が呼ばれ、会場は歓声とどよめきに包まれた。

 今回も、ドラフト名物の重複指名による抽選に会場は大盛り上がり。STU48キャプテン岡田奈々は、その強運で2度も交渉権を獲得するなど絶好調で「(交渉権を得た候補生が)全員瀬戸内出身でありがたいです。一緒に頑張りたい」と語った。

 SKE48とNMB48は各チームが2巡目までの指名で終了する一方、最大6巡目までの指名をするチームもあり、その戦略もいろいろ。最終的には55名が指名を受ける結果となった。指名を受けた候補者たちは、「指名していただいたチームのために頑張りたい」「もうダメかと諦めかけていたので、死ぬ気で頑張りたい」など喜びと抱負を語った。

 最後には指名を受けた候補生とメンバーがステージで一緒にパフォーマンス。喜びの涙を流す候補生に対し「新しい風を吹かせてほしい」と横山総監督が呼びかけた。

 また、ドラフト会議の最後には、今年で10回目を数える「AKB48選抜総選挙」の開催地を募集することが発表された。応募詳細は、AKB48公式サイトなどで発表される。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える