• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「怖いもの見たさに見て!」ツッコミ同士の小峠英二とノブがMCで初タッグ!3・11『実は○○で食べてます』

©カンテレ

©カンテレ

 バイきんぐ・小峠英二と千鳥・ノブが初めてMCでタッグを組むバラエティ『ヨルスパ! 実は○○で食べてます』(カンテレ)が3月11日(日)放送。

 番組では、ある特定の業界にスポットを当て、その業界に関わる意外な“仕事”を発掘。仕事内容や起業のきっかけはもちろん、気になる給料や年商など聞きにくいところまで掘り下げる。小峠とノブは居酒屋でビール片手にそのVTRを見て、鋭いツッコミを入れていく。

“夜の街”で食べている人々に迫るVTRでは、“3時間で50万円を稼ぐ”女性に密着。1カ月で1億円を稼ぐ人もいるというホストクラブやキャバクラ勤務の人たちがいる一方、夜の世界で働く人を相手にした薬局や不動産などもあるというが、果たして彼女の正体とは?

 また、業界自体が縮小傾向にある中、夜中心の営業に替えたことで10年間で年商が15倍に膨らんだ企業が登場。従業員も「この仕事に就くまでは、夜中の12時に○○するとは思いもしなかった!」と語るほど。客の悩みを聞いた社長が、ひらめいた仕事とは? 

 そのほか、“ペット”で食べている人たち、“野球界”で食べる人たちにも密着。「お笑いが一番儲からない」とノブが嘆いたアイデアマンが続出の“タメになる”バラエティ『実は○○で食べてます』は、カンテレにて深1・00から放送。(※関西ローカル)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真