• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

十代目松本幸四郎が明かす“市川染五郎じゃなくなって困っていること”とは?

0609おかべろ

 トークバラエティ『おかべろ』(カンテレ/フジ系)に、歌舞伎俳優の十代目松本幸四郎が“すっごいえらい人”を連れて登場する。

 幸四郎が連れてきた小学校から高校まで同級生だった男性・山藤さん。山藤さんからは本名の“藤間”で呼ばれているという幸四郎は、「学校を卒業すると“藤間”として出会う人がいないので、同級生という存在は大事だと思う」としみじみ。40歳を過ぎてから公演を見に来てくれる同級生が増えたと言い、最近では約200人の同級生のうち50人ほどが一斉に公演を見に来てくれたとうれしそうに語る。

 さらに、父親の二代目松本白鸚、息子の八代目市川染五郎と共に、親子三世代で同時襲名を果たした幸四郎。襲名にあたって37年間慣れ親しんだ“市川染五郎”を使わなくなったことで意外なところで困っていると明かし、岡村隆史と田村亮を笑わせる。

 また、幸四郎が“すっごいえらい人”と語る山藤さんの職業に岡村と亮は仰天。そんな山藤さんから、幸四郎の妻にまつわる驚きのエピソードが語られる。

『おかべろ』
6/9(土)後2・27~2・57(関西地区)
6/12(火)深0・55~1・25(関東地区)
【出演】
岡村隆史(ナインティナイン)、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、十代目松本幸四郎(VTR出演)、間寛平、村上ショージ

©カンテレ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える