• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

綾瀬はるか主演ドラマ『義母と娘のブルース』新装版コミックス発売決定

『義母と娘のブルース』 綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』の原作コミックスが新装版で再登場することが決定した。

 本作は、義母と娘の愛と成長を描く、笑って泣けるハートフルな物語。綾瀬演じるバリバリのキャリアウーマン・岩木亜希子が、娘を持つ男性・宮本良一(竹野内豊)からプロポーズをされ結婚。母親になろうと慣れない家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。

「義母と娘のブルース」は、2009年から4コマコミック誌「主任がゆく!スペシャル」(ぶんか社)で連載された桜沢鈴による4コマ漫画。2011年に単行本が発売されると、「ほっこり笑える」「油断してると泣かされる」「考えさせられる」と人気を伸ばし、現在書店では入手が困難に。そして、今回のドラマ化にあたり「原作漫画を読みたい」という声が大きく、7月18日(水)に新装版で再登場することになった。

火曜ドラマ『義母と娘のブルース』
TBS系
毎週火曜 後10・00~11・07

原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)
脚本:森下佳子
プロデュース:飯田和孝、大形美佑葵
演出:平川雄一朗、中前勇児

出演:綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、横溝菜帆、川村陽介、橋本真実、真凛、村本大輔、奥山佳恵、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未

©桜沢鈴/ぶんか社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える