• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「AKB48ユニットじゃんけん大会」本戦出場者決定!“ゆいゆいはん”は初戦敗退

「AKB48グループユニットじゃんけん大会2018」予備戦「AKB48グループユニットじゃんけん大会2018」の予備戦と本戦の組み合わせ抽選会が、8月10日から12日にかけて開催された「AKB 48 51stシングル『ジャーバージャ』」大握手会会場で行われた。

 10日は、予備戦の組み合わせ抽選と、ソロ、4人ユニット、5人ユニット、6人ユニット、7~9人ユニットの予備戦を実施。ソロは、本戦に進める4枠を11名が争った。本戦出場を手にしたのは、AKB48・野澤玲奈、“さくらんぼの妖精”として登場したNGT48・菅原りこ、SKE48・岡田美紅、AKB48・蔵本美結。野澤は一昨年のじゃんけん大会で7位にランクインしており、菅原は3年連続での本戦出場となった。

 4人ユニットは、「H☆N」(宮脇咲良、矢吹奈子、白間美瑠、山本彩加)が第1試合で早くも敗退。本戦出場を果たしたのは、グループの垣根を越えて香川県出身者でチームを組んだ「うどんだけじゃないけん!」(NMB48・上礼奈、STU48・福田朱里、SKE48・髙畑結希、AKB48・行天優莉奈)と、NMB48ドラフト3期研究生の2組「Namba twinkles.」(溝渕麻莉亜、佐藤亜海、大澤藍、南羽諒)、「フレッシュドラキュアッ!(偽)」(前田令子、山崎亜美瑠、河野奈々帆、大田莉央奈)の3組となった。

 5人ユニットは、7組が2枠を争い、AKB48チーム8「地球温暖化について語る会」(奥原妃奈子、川原美咲、奥本陽菜、山田杏華、春本ゆき)とHKT48「博多女子」(駒田京伽、坂口理子、冨吉明日香、朝長美桜、渕上舞)の2組が予選突破。

 6人ユニットは、1枠をかけ3チームがエントリー。本戦決定戦では、指原莉乃と中学生メンバー5名による「私立指原中学」(指原莉乃、今村麻莉愛、倉島杏実、塩月希依音、末永祐月、新谷野々花)が登場。NGT48の元研究生メンバーで結成した「十人十色」(西村菜那子、中村歩加、角ゆりあ、日下部愛菜、清司麗菜、奈良未遥)と対戦し、「十人十色」が本戦出場を果たした。指原は「ここで発表があります。私立指原中学は、解散します!」とあっという間に解散を宣言し、「誰が勝つのかすごく楽しみです」とコメントした。

 7~9人ユニットは、「栄6期生」(青木詩織、井田玲音名、鎌田菜月、北川綾巴、北野瑠華、熊崎晴香、竹内彩姫、日高優月、山田樹奈)が2年連続で本戦に駒を進め、「絶対リベンジするぞー!」と昨年の本戦敗退の雪辱を誓った。

 11日は、2人ユニット26枠と3人ユニット10枠をかけた戦いが繰り広げられた。2人ユニットは、66組が26枠を争い、昨年の覇者「fairy w!ink」(HKT48・荒巻美咲、HKT48・運上弘菜)は、今年も強さを見せて本戦出場。同じ名前の2人が結成した「ゆいゆいはん」(AKB48・横山由依、小栗有以)は、惜しくも初戦敗退。AKB48チームKの姉妹コンビ「武藤シスターズ」(AKB48・武藤十夢、武藤小麟)は、妹・小麟の見事な2連勝で本戦出場を決めた。

 一年越しで結成した「なあゆみ」(AKB48/STU48・岡田奈々、STU48・瀧野由美子)は、気合十分で臨んだものの敗退。想いが強かった瀧野は涙を浮かべ、岡田はこれからサックスのできる瀧野と「なぁゆみ」でステージ共演をしていきたいと話した。

 3人ユニットは、干支が一回り差の未年メンバー「未年姉妹」(SKE48・須田亜香里、SKE48・浅井裕華、SKE48・愛川暖花)が、同じSKE48の「サンコヒメ」(SKE48・高柳明音、松村香織、大場美奈)と対戦し、勝利。須田は9年目にして初の本戦出場となり「総選挙では2位だったので、じゃんけん大会は1位になって、力を合わせれば1位になれるってところを見せたいです!」と意気込んだ。

 その他にも、熊本県出身メンバーで結成された「火の国熊本3銃士」(HKT48・田中美久、AKB48・倉野尾成美、SKE48・井上瑠夏)や向井地美音が自らの推しメンと組んだ「憧れのポップスターズ」(AKB48・向井地美音、AKB48・谷川聖、AKB48・前田彩佳)が本戦出場を果たした。

 10人以上のユニットは、NGT48の2期生16名による「2ki」のみのエントリーとなり、自動的に本戦出場が決定。これにより、本戦に進む48のユニットが出そろった。

 12日は、予備戦を勝ち上がった48組が運命の抽選会に臨んだ。前回大会覇者「fairy w!ink」と初戦で戦うのは、NMB48の森田彩花と山尾梨奈が組む「パラパラ同好会」。姉妹ユニット「武藤シスターズ」は、妹・小麟の同期であるAKB48 16期生の鈴木くるみと山内瑞葵の「MAKARON’s」と相まみえることに。

 3人ユニット「憧れのポップスターズ」を率いる向井地美音は、「私たちのブロックはドラフト生が多いので、若い芽を潰してしまわないか不安…」としながらも、AKB48メンバーのユニットが予備戦で多く敗退したこともあり、「焦りがけっこうあります。周りのAKB48メンバーの分まで私たちが頑張らなきゃって気持ちです」と力強く意気込みを語った。

 じゃんけん大会2018の本戦は、9月23日(日)に東京都の片柳ホールで行われる。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える