• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

TKO木本が秘境の不動産屋に1日密着!誰が来るか待ってみたら…

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 8月26日のテレビ朝日系『旅サンデー』((日)前10・00)は、日本全国183の村の知られざる実態を調査する秘境バラエティ『183村秘境旅~こんな田舎がアルか否か!?』の特別編として、人気企画「誰が来るか待ってみた」が3本立てで放送される。

 同企画は、秘境で誰かと出会えるのをひたすら待ち続けるという内容。今回は、TKO・木本武宏が「秘境の不動産屋さんで待ってみた」に挑戦。向かった先は、群馬県にある人口およそ3500人の高山村。「スゴイ! この奥なんてもう、ジブリの世界ですよ!」と驚きながら人気のない森の中を進むと、小さな集落が出現し、1軒の不動産屋を発見する。

 不動産屋の経営者は、集落で暮らす夫婦。集落には6軒の家があるが、住んでいるのはこの夫婦だけで、あとはすべて空き家。そんな秘境の不動産屋ながら、最近では2週間前に物件が売れたという。しかし、待ち続けても客は誰一人来ず、木本はロケ中にも関わらず、ヒマすぎて携帯電話でネットニュースを読んだり、うっかり寝入ってしまう場面も…。

 そうして時間だけが刻々と過ぎていく中、ついに“奇跡”ともいうべき電話が。果たして、ロケ中に契約は決まるのか!? さらに、この不動産屋で扱っている破格物件の数々も紹介される。

 木本は「まさかこんなところに不動産屋さんがあるのか!? という場所なのですが、1日密着してみるとなるほど、いろんないいことがあるんですね!」と振り返り、「1日張り込んだ僕の最後のほうのテンションは…もうなんともいえないものがありますが(笑)、こんなお値段で別荘が手に入るのか、こんな理由でこの村にやって来たのか…いろいろな人間ドラマが見られました。心が温かくなる番組ですので、ぜひご覧ください!」とアピールしている。

 ほかに、ユージが大分県宇佐市を走る西椎屋線で「1日1往復の秘境路線バスに誰が乗るか待ってみた」、篠山輝信が長野県中川村の伊那田島駅で「秘境駅で待ってみた」に挑戦する。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真