• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

枝優花監督作『少女邂逅』BD&DVD化決定

『少女邂逅』 インディーズ映画ながら数々の国際映画祭に選出され、注目を集めた映画『少女邂逅』のBlu-ray&DVDが2019年1月16日(水)に発売されることが決定した。

 本作は、いじめによって声が出なくなってしまった少女が、ある出会いによって蚕のように容姿も中身も変容する様を残酷でありながら、まばゆく描いた青春譚。若手映画監督やミュージシャンの登竜門となっている映画祭「MOOSIC LAB 2017」で初披露され、コンペティションで観客賞を獲得。さらに、第42回香港国際映画祭や第21回上海国際映画祭にも正式出品されるなど、インディーズ映画ながら国内外を問わず、異例の注目を集めた。

 監督は、大学在学中の2013年『さよならスピカ』が早稲田映画まつりで観客賞、審査員特別賞を受賞。翌年も『美味しく、腐る。』で同映画祭観客賞を受賞し、映画監督・松居大悟ら業界著名人から注目を集める枝優花。第28回TAMA映画祭でも特集上映が予定されるなど、若干24歳の新鋭ながら、今勢いのある若手監督の一人だ。

 主演には講談社ミスID2016でグランプリを受賞し、JUJU「東京」のMV(監督・萩原健太郎)に主演した保紫萌香(現・穂志もえか)。もう一人の主演には、雑誌「装苑」モデルで、RADWIMPSのアルバム「人間開花」のジャケットが話題となったモトーラ世理奈。また、音楽では「転校生」名義で活動していたミュージシャン・水本夏絵が参加している。

 Blu-rayは【監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様】と題し、特製アウターケースや撮影中の写真をたっぷり使用したフォトブックが付属。映像特典として、撮影中のメイキング映像も収録予定。

<枝優花監督 コメント>
なんと『少女邂逅』がBlu-ray/DVDになるということで夢のようです。お家で観られます。私は群馬の田舎出身なのでこのBlu-ray/DVDという存在に何度も救われてきました。もちろん劇場で観て欲しくて作った映画ではありますが、一人でこっそり静かに大切に観て欲しい映画でもありました。なので、世界のどこか誰かの宝物になったらいいな、という想いで今回もデザインから関わらせていただいております。どうか届きますように。

『少女邂逅』Blu-ray&DVD
2019年1月16日(水)発売

■Blu-ray【監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様】
価格:\5,800+税
Blu-ray1枚組

■DVD
価格:\3,800+税
DVD1枚組

<収録時間>
本編約101分+映像特典
※映像特典はBlu-rayのみ

<Blu-ray限定特典>
仕様:アウターケース
封入特典:特製52Pフォトブック
映像特典:メイキング
※特典内容・デザインは予定です。変更になる可能性があります。
※DVD商品には上記特典は付属・収録されず本編ディスクのみとなります。

発売・販売元:ポニーキャニオン

<ストーリー>
いじめをきっかけに声が出なくなった小原ミユリ(保紫萌香)。
自己主張もできず、周囲にSOSを発信するためのリストカットをする勇気もない。
そんなミユリの唯一の友達は、山の中で拾った蚕。ミユリは蚕に「紬(ツムギ)」と名付け、こっそり大切に飼っていた。
「君は、私が困っていたら助けてくれるよね、ツムギ」この窮屈で息が詰まるような現実から、いつか誰かがやってきて救い出してくれる――とミユリはいつも願っていた。
ある日、いじめっ子の清水に蚕の存在がバレ、捨てられてしまう。唯一の友達を失ったミユリは絶望する。
その次の日、ミユリの通う学校に「富田紬」という少女(モトーラ世理奈)が転校してくる――。

<スタッフ>
監督・脚本:枝優花
主題歌・劇中歌:水本夏絵

<キャスト>
保紫萌香(現・穂志もえか)
モトーラ世理奈
松浦祐也
松澤匠 ほか

©2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える