• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ノブコブ徳井、EXITを絶賛「マジで時代が動く音がした」史上最速でルミネ単独ライブ

EXITルミネ初単独ライブ「『eleven』~MAJI 卍 NIGHT~」 EXITのルミネ初単独ライブ「『eleven』~MAJI 卍 NIGHT~」が11月11日(日)、東京・ルミネtheよしもとで開催された。

 結成11か月でのルミネ単独ライブ開催は、よしもと史上最速のこと。会場は満席で、立ち見席もギッシリと“ネオ渋谷系チャラ漫才師”EXITの勢いを感じさせた。

 オープニングVTRは、EXITの記者会見、そして会見を放棄した2人がルミネ行きのエレベーターに乗りこむところからスタート。1月の結成、さまざまなテレビ番組やライブへの出演と今年の軌跡をたどりつつ、会場に到着するエレベーター。そして、映像からつながるように、客席の後ろから兼近大樹、りんたろー。が「D・N・K」を歌いながら登場すると、客席は大盛り上がり。ステージに上がり、ひとしきり歌った後は「NIGHT OF FIRE」でパラパラを踊り、「EXIT ファーストワンマンフェス、ヒァウィゴー!」のコールでネタがスタートした。

 冒頭で相方の解散ネタをいじる兼近に、「おまえだけはずっとそばにいろよ」と返すりんたろー。。兼近は顔を覆って恥ずかしがる…かと思いきや、「顔がやだ(笑)」と言い放ち、客席も爆笑。つなぎのVTRでは、あやまんJAPAN、鬼越トマホークらとティッシュを口渡しで回していく「ラブティッシュゲーム」を繰り広げた。

 漫才のみならず、コントでもチャラさ全開で会場を盛り上げた。「チャラ喜劇」では、新喜劇風の人情ストーリーにも挑戦。ピースの又吉直樹もマイペースな親分役でサプライズ登場した。

 休憩タイムにはデッカちゃんが舞台上でクラブ風DJをするなど、細部までEXITらしさを感じさせた。

 VTRで「絶対スーツを着て漫才はしない」「スーツを着たら負けたと思われる」と真面目に語る壮大な前振りのあとに、スーツで登場しての漫才も。堅苦しいやりとりや、「お後がヒァウィゴー」ではなく「お後がよろしいようで」というレアな締めに客席から拍手が送られた。

 一転、いつものカジュアル衣装に着替えて再登場した2人は「これだなやっぱりー!」「息苦しかったー!」と解放感たっぷり。生き生きとチャラ漫才を繰り広げた。

 後半のVTRでは「USAゲーム」で田畑藤本らさまざまな芸人と対決。りんたろー。が勤める老人ホームで、おばあさんたちに「USAゲーム」をムチャぶりする場面では、2人の優しさも垣間見られるシーンも。

 漫才、喜劇、コント、歌とさまざまな表現で2時間超、たっぷり観客を楽しませたEXIT。最後には11月14日(木)配信のニューシングル「ネオチャラ」の発売もサプライズ発表し、観客を喜ばせた。

 「ネオチャラ」を生で披露したあとは、いよいよエンディング。コントにギャル男キャラで登場した平成ノブシコブシ・徳井健太は、最後のあいさつで「EXITって全編コントみたいなもんじゃん。そのコントにこれだけのお客さんが集まるなんて、マジで時代が動く音がした」と絶賛。「この先テレビとかラジオとかいっぱい呼ばれると思うけど、媚びないでがんばって。おまえらが一生懸命やってきたことを認めてくれる人と一緒にやったほうがいい」とエールを送った。

 最後に、兼近は「もうちょっと笑いの量とか上げていって、今後に生かせるような単独ライブにしたかったなっていうのは心の底から思ってます」と真面目に語り、りんたろー。は「ストイック!(笑)」とツッコミ。

 そんなりんたろー。も「蓋を開けるまで誰が来てくれるか分からなかったじゃん?ちょこちょこ露出したぐらいで発表したので、(チケットが)完売するのも意味分からなくて」と感慨深げに語り「でもいろんなことありましたけど、諦めずに続けていればこうやってルミネでやれて、人が集まってくれる。それがめちゃくちゃうれしいです」と笑顔を見せた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える