• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ザ・ローリング・ストーンズ初の大規模世界巡回展 19年3月に日本開催決定

「Exhibitionism―ザ・ローリング・ストーンズ展」 11月26日「いいベロの日」に、THE ROLLING STONESの企画展「Exhibitionism―ザ・ローリング・ストーンズ展」製作発表記者会見が行われ、アンバサダーに就任したギタリストのChar、鮎川誠、ドラマーで女優のシシド・カフカが登壇した。

 バンド史上初の大規模な企画展となる本企画展は、2016年4月にロンドンの現代美術専門ミュージアム「Saatchi Gallery」を皮切りに、ニューヨーク、シカゴ、ラスベガス、ナッシュビルと、世界主要都市の巡回をスタート。現在はオーストラリア・シドニーで開催されており、来年3月にアジア初上陸として日本で開催される。 

 THE ROLLING STONES自身がプロデュースし、バンド結成から55年にわたる歴史を振り返るアート、フィルム、楽器、機材、写真、衣装、パフォーマンス映像など、貴重なアーカイブによって構成され、単なる展示に留まらず映像や音声体験も臨場感たっぷりに味わえるものとなっている。展示数は500点以上、動員数は世界5か所で100万人を突破しており、音楽アーティストの企画展としては世界最大規模となっている。

 2014年に東京ドームで行われたコンサートにも足を運んだというシシド・カフカは、コンサートを観て一時期チャーリー・ワッツに惚れ込んでいたことを明かした。Charは実家が会場の目と鼻の先だそうで、「近くなので毎日来るかもしれません。五反田を離れなくてよかった!」と会場を沸かせた。

 鮎川は自身の演奏もストーンズの影響を大きく受けているとストーンズ愛を語り、「昨日YMOの40周年パーティーだったんですが、僕とYMOが40年前に出会った時に一緒に演奏したのがストーンズの『サティスファクション』。ストーンズ関連のことがあったらどこにでも、何があっても馳せ参じるほど惚れ込んでいる。Charさんや僕がストーンズをはじめとするロックに魅了されたように、シシド・カフカさんや若い世代の方々の心にも響いている、音楽の礎を築いてくれたストーンズに感謝したい!ありがとうローリング・ストーンズ!!」とその魅力を熱く語った。

「Exhibitionism―ザ・ローリング・ストーンズ展」
delivered by DHL/official Japan sponsor 才能発掘アプリFairchance

開催期間:2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)
開催会場:TOC五反田メッセ(東京都品川区西五反田6-6-19)

主催:Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 製作委員会
特別協賛:才能発掘アプリFairchance
協賛:代々木ゼミナール造形学校
後援:BSフジ/tvk/TOKYO MX/TBSラジオ/文化放送/ニッポン放送/J-WAVE/FMヨコハマ/bayfm/NACK5/ブリティッシュ・カウンシル/一般社団法人日英協会/品川区
協力:日本ローリング・ストーンズ・ファン・クラブ/テーオーシー

OFFICIAL WEBSITE:stonesexhibitionism.jp

©GEKKO

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える