• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

野村周平&桜井日奈子“覚悟”の江の島デートショットを公開

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 野村周平と桜井日奈子が、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』((土)後11・15)の撮影で“江の島デート”を行った。2月23日の第6話で放送される。

 漫画家・青木琴美の人気コミックが原作。20歳まで生きられない心臓の病を抱える高校生・逞(野村)と、彼を一途に愛する幼なじみの繭(桜井)が迫りくるタイムリミットに悩み苦しみながらも、必死で運命に抗う姿を描く。

 第6話では、逞が小さな棚を運んだだけで息苦しくなってしまった自分にがく然。主治医の穣(生瀬勝久)は、病状が予想外に進行しているかもしれないと説明する。穣に勧められ、あらためて病気と闘う決意を胸に冷静に入院することを決める逞。逞を支えたいと願う繭は、病気に御利益のある神社まで一緒にお守りを買いに行こうと提案。2人で江の島へ出かけ、最初で最後になるかもしれない、“覚悟”の初デートを楽しむ。

 撮影では水族館も訪れ、野村は「あっ!チンアナゴがいるよ~」とスタッフに声をかけたり、大量のクラゲを数える桜井に「終わらないよ!(笑)」とツッコんだりと、ムードメーカーの本領を発揮。一方、桜井も「水族館久しぶり…癒やされます。クラゲがかわいいって今日初めて気づいたかも!」と束の間の癒やしタイムを満喫した。また、自撮りのシーンではスタッフから「テンション高めでお願いします」と要求された2人が同時に「イェーイ!」と言うなど、息ぴったりだったという。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える