• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

キンコン西野「メチャクチャ面白かった!」気になる疑問を最新鋭CGで検証『空想実現ファイル』4・3放送

『空想実現ファイル』
 4月3日(水)に、新型検証バラエティ『空想実現ファイル』(TBS)が放送される。

 この番組は、誰もが一度は考えたことがある「答えは気になるけど、危険過ぎたり、スケールがデカ過ぎる実験」を“専門家”の緻密な計算と“CGクリエイター”の高度なCG技術で超リアルに検証・映像化する、ファンタジーと現実が融合した新型検証バラエティ。

 スタジオには伊集院光と市川紗椰、そして、キングコングの西野亮廣が登場。伊集院と市川から「もうテレビには出ないかと思った!」と驚かれた西野は「企画を聞いた時にメチャクチャ面白そうだったから!」と出演理由を説明。3人で結果を予想しながら、VTRで検証の行方を見守る。

 番組では、「もしもエレベーターが落下してしまっても、地面に激突する瞬間にジャンプをすれば人は助かるのか?」「もし人が、巨大な竜巻に巻き込まれたら一体どうなってしまうのか?」「2120年、もしも月面で五輪が開催されたら、現在の競技は成立するのか?」など、誰もが考えたことのある疑問を、最新鋭のCGで空想実現。西野が子供の頃に考えたことがあるという「新幹線の中でジャンプしてもその場に取り残されないのはなぜ?」という疑問のほか、さまざまな問いを取り上げる。

 CG制作は、テレビ界のアカデミー賞といわれるエミー賞を5度も受賞した、世界的デジタルアニメーションスタジオ「ポリゴン・ピクチュアズ」が全面協力。伊集院と市川も「もうこれCGなの!?」と驚くほどの映像が登場する。

 次々明らかになる検証結果に、西野も「こんなになるの!?」と仰天。果たしてどのような結果が導き出されるのか!?

 番組収録後、西野から「メチャクチャ面白かった!またやりたい!」と飛び出すほどの検証結果は必見。さらに、伊集院が西野、市川も驚くさまざまなトリビアを披露する。

『空想実現ファイル』
TBS
4月3日(水)後11・56~深0・55

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える