• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小堺一機&関根勤&天海祐希が斬新モノマネに大爆笑!『マネもの』4年ぶりに復活

『コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの』『コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの』(フジテレビ系)が、6月27日(木)後10時から放送される。

 この番組は、モノマネ大好きタレントの小堺一機と関根勤が、同じくモノマネ大好き女優の天海祐希に、新しい人材を発掘することにこだわりながら、いま一番気になっている“モノマネ芸人=マネもの(真似者)”を、さまざまな切り口のベスト3で紹介していくバラエティ。2014年6月に誕生し、これまで4回放送、今回は4年ぶりの放送となる。

 まず紹介するベスト3は、“情熱大陸の中居正広”といった「インタビューベスト3」と“買い物をする哀川翔”といった「実際に見かけた普段の有名人ベスト3」。

 最初のコーナーから小堺、関根、天海は笑いすぎて、過呼吸気味に。 その後も、平泉成のモノマネでおなじみのお笑いタレント・末吉くんが新境地を見せる「司会者ベスト3」に、ロバートの秋山竜次と友近が、とにかく好きなことをやる「日常の風景ベスト3」、コロッケがテレビ初披露かもしれないモノマネを全力で披露する「全力ものまねベスト3」、ジャガーズがジャニーズ以外のモノマネで登場する「そんなワケないだろベスト3」など、モノマネファン必見のベスト3が続々登場する。

 また、声域がハイトーンのモノマネばかりを集めた「高周波ベスト3」や、関ジャニ∞の錦戸亮のモノマネといった「45度なら似ているベスト3」、“プレデターの呼吸音”といった「地味ベスト3」、“ストリートファイターのキャラクターになった沢口靖子”といった「クラスの人気者が後ろでやるものまねベスト3」、“昔はモテたと言いはる母の卒業アルバム”といった「静止画ものまねベスト3」など、この番組でしか見ることができない斬新すぎるベスト3の連続に小堺、関根、天海も大爆笑する。

 さらに、ラストには、恒例となっている小堺と関根の新作モノマネが初公開される。

<コメント>
◆4年ぶりの放送が決まったことに関して

小堺一機「万々歳でしたね。この番組は、特に若手が僕らだと想像ができないようなアングルでやってくるので、本当に楽しみにしていました。放送が決まってヤッター!と思いましたね」

関根勤「僕と小堺くんは、モノマネで出てきた人間なので、やはりモノマネというのは、とても大切な芸の1つです。それを、みんなが、さまざまな形でやっているというのがうれしくて…放送が決まって本当にうれしかったですね」

天海祐希「モノマネは、その人の視点が全部出るという部分が、すごく面白いです。それを、これだけたくさん楽しめる番組というのは他になかなかないと思いますので、放送が決まったと聞いて、とてもうれしかったです」

◆収録を終えて

小堺「この番組は若手もベテランも、みんな一緒、というのが良いと思います。でもベテランさんがすごすぎて、笑いを超えて感動してしまう時もありましたね。笑いだけでなく、感動も味わえるし、素晴らしかったです」

関根「今回、収録をして、これだけ笑えるというのは、僕もテレビを見ていたりしても、なかなかないです。すごく面白い番組だというふうに自負できますね」

天海「もう笑いすぎて、疲れてしまいました。カロリーをすごく消費したと思います。本当にお腹の底から笑わせていただきました」

◆視聴者へのメッセージ

小堺「家族の皆さんで見ている時、今のは…としゃべっていると、もう次のモノマネに入ってしまうので、ジックリと見ていただき、楽しんでもらえればと思います」

関根「正面を切って似ているモノマネもありますし、ええッ!という切り口から、一瞬だったり、止まっていたり、いろんな角度から、似ているということを探っています。普通のモノマネ番組とはまったく違います。本当に面白いです」

天海「この番組の面白さ、楽しみ方は、見てくださる方がお分かりだと思います。私は今回、本当に楽しませていただきました。視聴者の皆さんも一緒に涙を流して笑ってください」

『コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの』
フジテレビ系
6月27日(木)後10時~11時34分

<出演者>
小堺一機、関根勤、天海祐希

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える