• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ふぉ~ゆ~・松崎祐介2度目の単独公演で「堂本光一を超えます!」宣言

229814_01_R 舞台『デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~』のゲネプロが行われ、囲み取材に松崎祐介(ふぉ~ゆ~)、佃井皆美、林翔太(ジャニーズJr.)が登壇した。

 前作から引き続き国王・ウォルを演じる松崎は「去年12月に渋谷で行って半年ですか?(続編について)言うことによって力になるというか、こうして実現もできて感無量でございます」と喜びを語った。

 前作に続き王妃の侍女・シェラを女装で演じる林は「半年しかたってないのにこうして続編をやらしてもらえるっていうのは本当にうれしいです。前回からまたシェラをやらしてもらうので女子力を上げようと思って、2人にもまだ言ってないんですけど人生初のネイルをしてきたんです。いいですね、気持ち上がりますね。女子の気持ちが分かりました!」と女性役にノリノリ。それを聞いた松崎は「記者会見用のいい話を持っているじゃないか!」と事務所の後輩の成長に驚いた様子を見せた。

 今回ワイヤーアクションにも挑戦したという松崎は「飛びます。『Endless SHOCK』の光一君のような立ち姿というか、カッコいいじゃないですかどこを見ても。あれを超えます。堂本光一を超えます!目標は高く、根は深く!光一君見ないでね!」と意気込みを。王妃・リィ役の佃井も「物語にしてもアクションにしてもぎゅっと内容が詰まっている3作目で、集大成といっていいんじゃないかってくらいの重みのある作品になっていると思います。アクションは本当に見応えはありますし、みんなが感情をあらわにして戦うシーンは心を揺さぶられるようなアクションになっていると思うので、その辺を見てほしいです」と語った。

 最後に松崎は「19日から23日と一日一日を大事に!そして『デルフィニア戦記』という世界を一人でも多くの人に知ってもらってカンパニー一同頑張っていきたいと思うので応援よろしくお願いいたします」と力強くPRして締めくくった。

舞台『デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~』
場所:シアターGロッソ

6月19日(木)~23日(日)

©茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)・部隊「デルフィニア戦記」製作委員会2019

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える