• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

King & Princeがリクエスト殺到の「Bounce To Night」をセクシーに披露『リクエストLIVE』6・22放送

『シブヤノオト Presents King & Prince リクエストLIVE』 『シブヤノオト Presents King & Prince リクエストLIVE』(NHK総合)が6月22日(土)に放送される。

 今回、King & PrinceはWEB・SNSを通じて寄せられたリクエストでパフォーマンスする曲が決まる『リクエストLIVE』を行う。ジャニーズJr.時代も含めて彼らがこれまで発表した曲の中から「シンデレラガール」「Bounce To Night」「勝つんだWIN」など10曲を対象にリクエストを募集。8万通もの応募から選曲された6曲をパフォーマンスする。

 収録を終えて、平野紫耀は「ジャニーズJr.のころに1度出させていただいた時に、とても楽しいなと思ったので、こういう特番に自分たちだけで出させていただくことができて、光栄に思っています」と喜びを語った。

 さらに、いまだ興奮冷めやらぬといった様子の岸優太は「これだけお客さんと近い距離感は、なかなかないのでめちゃくちゃ緊張しました。こうやいう機会をまたいただけたらなと思います。近くは最高ですね(笑)」と。

 髙橋海人も「『シブヤノオト』は録画して観るくらい大好きな番組で、その番組の特番に僕たちが出ることができて、本当に光栄だなって思ってます。そして、今日はファンの方が700人と近くで触れ合えて、幸せな気持ちでいっぱいです」と語った。

 選ばれた曲について感想を求められ、神宮寺勇太が「比較的、『あ、だよね』って感じで、ファンと僕たちの気持ちは、マッチングしてましたね」と明かすと、永瀬廉は「でも、『Sha-la-laハジけるLove』はちょっと意外だったかも。CMで少し流れてるくらいであんまり披露してない曲だったから、その短時間でも魅力が伝わったのかなって思う」と。

 さらに、8万通の応募のうち、約2万通ほどがジャニーズJr.時代から披露している「Bounce To Night」だったことが明かされると、神宮寺が「みんな見たいんだなって思ったよね。裸を(笑)」、岸が「裸好きだよね(笑)」と、衣装をはだけさせる演出が好評で選ばれたのではないかと分析した。

 そして、平野が「当時はガツガツと、がむしゃらに頑張ってる感じだったんですけど、久々にプレビューを観たら、みんな20歳超えて、ちょっとセクシーに見せるように変わってきてるなって思った」と明かし、当時の振り付けと現在の振り付けを再現した。

『シブヤノオト Presents King & Prince リクエストLIVE』 自分だったらどの曲をリクエストするかという問いに、平野は『勝つんだWIN』を挙げ、「Jr.のころの曲なので、デビューしてからちょっと大人になった僕たちで歌うのもありだなと思いました。あの頃がダサかったわけじゃないですよ(笑)。ただみんな成人になって大人のフェロモンを出せるんじゃないかなって」と。

 そして、平野が「歌番組で結構俺らっぽい曲を歌うことが多いじゃない?だから、バラードシリーズをやってみたい!」と明かすと、永瀬が「宙(SORA)とかいいよね」と提案。岸も「リクエストを入れたいくらいいい曲。推してます」と続いた。

 さらに、永瀬が「アルバムに『Song for you~君を信じて~』っていうバラード曲もあるんですけど、それもいい曲。なかなかアルバムの曲は、こういう機会を頂けないと歌うこともないから、やりたいよね」とさらに提案。神宮寺も「最近『Memorial』を歌ってなかったんで、ちょっと歌いたかった」と語った。

 髙橋は「今まで僕たち曲を出していく中で、アーティストさんが力を貸してくれて出した曲もたくさんあって。今回のアルバムでナオト・インティライミさんが『マホロバ』を作ってくれたり、3rdシングルで高橋優さんが『君を待ってる』を作ってくれたので、コラボして歌ってみたいなって」と。

 番組では、メンバーからのリクエストを受け、平野、岸、髙橋の3人で筋肉ロケ、永瀬、神宮寺の2人で“神宮寺を気持ちよく起こす”というロケを行った様子も放送。

 ロケについて、神宮寺が「僕に関しては、寝てるだけだったので、あまり仕事をした感じがないんですよ(笑)。逆に、廉は頑張ってました」と明かすと、永瀬が「そうね。どうやって起こそうかって考えました。じんは、寝てるだけやったのに終わり方だけはいっちょ前だったね(笑)。めっちゃ撮ったドラマのクランクアップかのように、『ありがとうございました、皆さんのおかげで~』みたいな(笑)。それにはちょっと笑った」と。

 平野は「VTRで結構短くなっているんですけど、短時間でこんな攻めるかってくらいジムでやらせてもらって。ロケ終わって、マネージャーさんだったり、岸君、海人から『紫耀、デカくなってる』ってすごい言われたんですよ。本当は、筋肉つきやすいんで、したくないんですよ。服が入らなくなっちゃうから(笑)」とこぼすと、岸が「紫耀は、持っているものが、素晴らしいんですよ。仕事でやりましたけど、筋肉はついてくれたので、こんな得する仕事は探すのが難しいくらい得した気分」と平野の体質を誉めながら、ロケを満喫したことを明かした。

 これに対し、髙橋は「3人の中だと一番筋肉がないし、そんなに必要ないと思ってる立場なんで。だから、このロケは本当にきつかったですね。その日には筋肉痛がきた」と少し不満げな様子で語った。

『シブヤノオト Presents King & Prince リクエストLIVE』 最後に、それぞれ番組の見どころについて「『Bounce To Night』で『Bounce To Night』って言うところ。勝手に言い始めたんですけど、言わないとムズムズしちゃう(笑)。あれはいつも抜かれているので見てほしい」(神宮寺)、「僕は、神宮寺を気持ちよく起こすっていうテーマでロケをしました。『Wake Me Up』を歌いながら神宮寺を起こすんですけど、サビから神宮寺も起きて一緒に歌うんです。その歌の最後の『Wake Me Up』のところで、僕と神宮寺の顔を映してるんですよ。その時の僕の顔です。少しコアなところで言うと、ちょっとあごをしゃくれさせて、精いっぱいかっこつけたからそこを見てほしい」(永瀬)、「僕は最近メンバー内とかファンの皆さんの中ではやっている“ガチポーズ”があるんですけど、これを曲に中で盛り込んでるんです。それを見て、探してもらいたいです」(平野)、「『Naughty Girl』が地上波で初出しだったんですけど、やっぱり皆さんの歓声もあって。僕たちこの曲に対してダンスをめちゃくちゃそろえてきたんで、そこを見ていただけたらなと思います」(髙橋)、「俺も『Naughty Girl』を言おうとしてた(笑)。僕たち、今回ステージ立たせていただいて、700人ものファンの方が集まってくださって。その中でもファンの方の勢いだったり、僕たちの一体感はテレビ越しでも伝わると思うので、ぜひ存分に味わっていただきたいなと思います」(岸)と語り、アピールした。

『シブヤノオト Presents King & Prince リクエストLIVE』
NHK総合
6月22日(土)深0・05~0・34

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える