• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『THE W 2019』開催決定!連覇狙う阿佐ヶ谷姉妹、野望は「阿佐ヶ谷ハイムを建てたい」

『THE W 2019』 女芸人の中から一番面白い“笑いの女王”を決める『女芸人No.1決定戦 THE W』の第3回大会の開催が決定。『THE W 2018』チャンピオンの阿佐ヶ谷姉妹や、今回の出場予定の女芸人(約50名)が一堂に集結し、1回大会から番組MCを務める徳井義実、水卜麻美アナウンサーと制作発表会見に登場した。

 阿佐ヶ谷姉妹は「昨年、この大きな大会の冠を頂いて、地元・阿佐ヶ谷でも地方に行っても、私たちに頂く笑顔と歓声が大きくなり、それが何より原動力になりました」と笑顔。

 昨年の優勝賞金1000万円の使い道を聞かれると、まず賞金を自宅のこたつの上に並べたという2人。「セールで2万円になっていた圧力鍋を買いました。あと、今日のこの衣装を新調させていただきまして、本日初お披露目でございます!オートクチュールで石まであしらいまして~(笑)」と話し、笑いを誘った。

『THE W 2019』 副賞の日本テレビレギュラー番組合計視聴率100%分出られる権利「日テレ100%券」で、昨年念願の『news every.』に出演。まだ残っている権利で今後出たい番組を聞かれると「『笑点』いいわね~。オープニングで客席の春風亭昇太師匠の隣に座っているとか。そのまま観覧したい」と告白。さらに「『金曜ロードSHOW!』冒頭のナビゲーターとかもやりたいわ~」とひそかな野望を明かした。

 同じく副賞の「THE W優勝記念の冠特番」の打ち合わせも進んでいるそうで「往年の『シャボン玉ホリデー』のような、歌とコントのバラエティーショーにしたい」と理想を語った。

 そんな阿佐ヶ谷姉妹は今年も出場を宣言。「阿佐ヶ谷にみんなで住めるような“阿佐ヶ谷ハイム”を建てたいという夢があるので、それには昨年の賞金だとまだお金がちょっと足りないのよね。若者ども、負けへんで~!」と、ライバルたちをけん制した。

『THE W 2019』 ここで今回出場を予定している芸人約50人が勝負服を身にまとって登場。昨年のファイナリストで、2大会連続で決勝で敗退し、優勝まであと一歩の紺野ぶるまは、4月に結婚したばかりで幸せいっぱい。「THE Wの“W”はウエディングでもあるので、今回は絶対優勝したい!」と宣言。鳥取市役所職員として出場してきた第1回大会ファイナリストの押しだしましょうこは、この春に職員を辞め、マセキ芸能社に所属が決定。お笑いの世界で生きていくことを発表した。さらに、会見は欠席だったが、おかずクラブやガンバレルーヤもVTRで参戦を表明した。

 今年から「コンビとピン」「グループとコンビ」など1人で2エントリーまでできる「併願エントリー」が可能になり、1回戦は「動画による審査」もスタートするなどこれまでよりパワーアップする。出場エントリーは8月10日(土)後11・00まで受付中。

『女芸人No.1決定戦 THE W 2019』
日本テレビ系全国ネット
12月生放送

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える