• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

猫まみれの特報映像解禁!映画「ねこあつめの家」

映画「ねこあつめの家」 映画「ねこあつめの家」(4月8日(土)公開)の特報が解禁。併せて、田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子ら追加キャストも発表された。

 本作は、ただただ猫を眺めるというシンプルな内容ながら、脅威の1900万ダウンロードを記録したアプリ「ねこあつめ」を映画化した作品。アプリ同様、大勢の猫たちが登場するということで、早くも全国の猫好きたちから期待の声が続々と上がっている。主人公の小説家・佐久本を伊藤淳史、佐久本の担当編集者・ミチルを忽那汐里が演じる。ストーリーは、スランプに陥る佐久本が気分転換のために引っ越した先が猫だらけだった…というもの。

 今回、新たに発表されたキャストは、田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子の3名。田口はミチルの先輩編集者・浅草、木村は佐久本に助言するペットショップ店主・洋子、大久保はおかしな不動産屋を演じる。

 公開された特報には、佐久本が“あつめる”大勢の猫が登場。屋根に乗ったり、佐久本に体をこすりつけたり、ズラッと並んで一心不乱にえさを食べるなど、猫萌え必至の映像が凝縮されている。猫にデレデレの佐久本にミチルが「全然書けてないじゃないですか!」と一喝するシーンも。

「ねこあつめの家」は、4月8日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国公開。

「ねこあつめの家」特報

<ストーリー>
若くして新人賞を受賞し、一躍人気作家となった小説家・佐久本勝(伊藤淳史)。現在は大スランプ中で、ヒマに任せてエゴサーチをしては、さらにドツボにハマる毎日。担当編集者のミチル(忽那汐里)は、そんな佐久本を励ますが、若さあふれる熱血アドバイスは、逆に佐久本には苦しいだけだった。ある日、不思議な占い師から予言を受けた佐久本は、おかしな不動産屋(大久保佳代子)の勧めで片田舎の古民家に逃げるように移り住む。しかし、場所は変われど暮らしは変わらず、生活は下降線をたどるいっぽうで、ミチルの先輩編集者・浅草(田口トモロヲ)には見放されたようだ。そんなある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていた佐久本の前に1匹の猫がふらりと現れるが、しばし見つめ合ったのち猫は庭から出て行ってしまう。猫にも見捨てられたと落ち込む佐久元は、どうしても猫が気になってしまい、ペットショップの店主・洋子(木村多江)からアドバイスを受けて庭作りを開始。こうして、若き小説家の「ねこあつめ」の生活が始まった。

映画「ねこあつめの家」
4月8日(土)より新宿武蔵野館ほか全国公開

<出演>
伊藤淳史 忽那汐里
戸田昌宏 大久保佳代子/青戸浩香 大嶺創羽 村木藤志郎 大山うさぎ
田口トモロヲ/木村多江

公式HP:http://nekoatsume-movie.com/

©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える