• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

異例の大抜擢!『モアナと伝説の海』日本版ヒロインが新人・屋比久知奈に決定

『モアナと伝説の海』 3月10日(金)公開のディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』のヒロインとなるモアナの声優が、史上最大級のオーディションで選ばれた期待の新人、屋比久知奈(やびく・ともな)に決定した。

 日本のモアナ役は、ハワイのアウラニ・ディズニー・リゾートにて、英語版のモアナ役を務めるアウリィ・カルバーリョによって発表され、“日米ヒロイン”が、美しい海が広がるハワイで対面を果たした。日米ヒロインの対面は、ディズニー史上初めて。

 物語の重要なカギを握る美しい海を背に登場した2人のヒロイン声優は、すぐに意気投合。既に全米で公開され、モアナと同じく世界に一歩踏み出したアウリィは、これから大海原へ飛び出していく屋比久との共通点を「彼女はとても素晴らしいわ。私も南の島で育ち、本作が映画デビュー作。そういう意味で私たちは同じなんです」と話した。

 さらに、屋比久の歌声を聴いたアウリィは「私たちの歌声は似ている」と話し、「モアナの歌は心に響く歌ばかりですが、彼女の歌声からそういうパワーを感じることができました」と絶賛した。

 屋比久も共通点の多いアウリィに会い、「友達というより家族のような存在に近いと感じました」と。モアナについては「モアナは新しい世界に踏み出し、悩みながら一歩一歩強く進んでいきます。誰もが経験することなので、たくさんの方々に共感して頂けると思います」とその魅力を伝えた。

 ディズニーヒロイン史上、最大級の規模で実施されたオーディションで、見事モアナ役を射止めた屋比久知奈は、沖縄県出身の大学4年生。昨年5月に帝国劇場で開催された「ミュージカルのど自慢」で最優秀賞を受賞し、満を持して本作でデビューを果たす。これまでディズニーのヒロインは、ラプンツェルを中川翔子、『アナ雪』のアナを神田沙也加、エルサを松たか子と、さまざまな女優たちが務めており、全くの新人がヒロインを務めるのは異例となる。

<ストーリー>
海に選ばれた少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…。

『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金)全国ロードショー

監督:ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー(『リトル・マーメイド』『アラジン』)
製作:オスナット・シュラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

©2016 Disney. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える