• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

髙橋ひかるインタビュー「思ったことを素直に口に出すところは高瀬と似てるかも」大河ドラマ『おんな城主 直虎』

髙橋ひかるインタビュー「思ったことを素直に口に出すところは高瀬と似てるかも」大河ドラマ『おんな城主 直虎』

大河ドラマ『おんな城主 直虎』で、亡き直親(三浦春馬)の娘を名乗って突如として現れ、第20話(5月21日(日)放送)で姫として井伊家に正式に迎えられた少女・高瀬。演じるのは、「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを獲得し、昨年女優デビュー、本作でドラマデビューを果たした髙橋ひかるさん。15歳ながら、大人顔負けの理路整然とした話しぶりが印象的な髙橋さんが、『おんな城主 直虎』出演の感想から、癒やしのワンちゃんの存在についても語ります!


思ったことを素直に口に出すところは高瀬と似てるかも

髙橋ひかるインタビュー

◆昨年、映画「人生の約束」で女優デビューを飾った髙橋さん。今年は大河でドラマデビューとなりましたが、出演が決まったときはいかがでしたか?

まさか決まるとは思っていなかったので本当にうれしかったです。ただ、最初は喜びより「本当に受かったんだ」という驚きのほうが大きかったですね。実際に現場に入ってあらためて実感して、そこから徐々にうれしさが沸き上がってきました。

◆大河ドラマになじみはありますか?

両親が大河ドラマ好きなので、幼いころから私も一緒になって見ていたことをよく覚えています。中でも松山ケンイチさん主演の『平清盛』(12年)がすごく好きで、男らしさというか、生き様がすごくカッコいいなって思います。

◆時代劇は初めての経験かと思いますが、撮影はいかがですか?

時代劇は演技レッスンで経験がありますが、細かい所作などを学ぶのは今回が初めてなんです。だから不安も強かったんですが、現場では監督、所作の先生、方言の先生、共演者の皆さんがこんな未熟な私にいろいろ教えてくださって…。1つひとつすごく細かく指導してくださるのでとてもありがたいですし、撮影が毎日楽しいです。

int_takahashihikaru_04

◆中でも苦労した所作などはありますか?

いろいろありますが、一番苦戦したのは「百姓と姫の差」をつけることです。姫の所作を先に習ってから現場に入ったので、そこから百姓に戻すことが難しかったんですが、動きを大きくしたりお辞儀のスピードを早くしたりするよう教えていただいたので、自分でも意識して演じました。また、柴咲(コウ=井伊直虎)さんや財前(直見=祐椿尼)さんからは、「目線1つで身分の差がすごく出る」と教えていただいて、目線だけで印象がガラッと変わることに驚きました。今まであまり考えずに見ていた時代劇の所作1つひとつにも意味があると知り、あらためてすごい現場にいさせていただいているんだなと思いました。

◆高瀬というキャラクターについてはどう考えていますか?

高瀬はすごく明るくて純粋無垢。今の時代にこんな純粋な人がいるのかなってぐらい(笑)。それでいてアクティブなんですが、守ってあげたくなるかわいさがあるんです。どことなくおとわ(新井美羽=直虎の幼少時代)のおてんばな感じに似ていると思ったので、その要素は演技に取り入れました。

◆父・直親(三浦春馬)の要素は演技には取り入れましたか?

劇中には登場しませんが、どちらかというと直親よりも亡くなった母のほうに似ているんじゃないかと考えています。でも、直親さんの優しさやすてきな笑顔が高瀬にも引き継がれていたらいいなと思うので、三浦さんの演技を見ていろいろ学ばせていただきました。

◆高瀬とご自身との共通点はありますか?

思ったことを素直に口に出したり、即行動に移したりするところは似ています(笑)。そういう意味では、自分らしさというか、ありのままの自分をちょっと出せたかもしれません。共感できる部分があったので、役への愛着もすごく湧きました。

◆主演の柴咲さんの印象はいかがですか?

柴咲さんは、私がもともと抱いていたイメージよりもっともっと華やかで、お話も面白くておちゃめで、とてもすてきな方です。撮影合間に柴咲さんがされるお話がすごく面白いんですよ! 最近では、柴咲さんと矢本(悠馬=中野直之)さんが「雨が屋根に当たる音がから揚げを揚げる音に聞こえる」というお話で盛り上がっていらっしゃって(笑)。私は、財前さんや梅沢(昌代=たけ)さんと笑ってその話を聞いていましたが、お2人の掛け合いが面白くて、すごく緊張感がほぐれたんです。

◆髙橋さんが会話に加わることはないのですか?

入るときもあるんですけど、お話を聞くのが面白いので私は聞き役に徹しています(笑)。


男の子なのに、ティアラって名前をつけちゃいました(笑)

髙橋ひかるインタビュー

◆髙橋さんは滋賀県ご出身で、大河の撮影に合わせて上京したそうですね。

1月下旬ぐらいに上京したので、だいぶ東京の生活には慣れてきました。この春から高校生になったんですが、中学はセーラー服だったので、高校でブレザーを着られることがすごくうれしくて。制服を着て、「高校生になったんだな」とあらためて実感しました。

◆これまでお話をうかがってきて、この春高校生になったばかりとは思えないぐらいしっかりされててびっくりしています(笑)。

そう言っていただけるのはうれしいですが、全然しっかりしてないですよ(笑)。

◆これまで部活はやられていたんですか?

部活ではないんですが、小学生のときにスポーツ少年団でバレーボールをやっていたので、それが大きな要因かもしれないです。わりと先輩後輩の上下関係をしっかり学べる環境だったので、そういう経験も影響しているのかなと(笑)。運動は好きで普段も筋トレやストレッチ、ダンスをやっているので、これからはロッククライミングや水泳など、いろんなスポーツに挑戦したいです。

◆お仕事に勉強、そして普段の体作りととてもアクティブな髙橋さんがですが、リラックスする瞬間はどんなときですか?

滋賀の実家で犬を飼っているんですが、姉が送ってくれる犬の写真や動画を見ているときが一番の癒やしで、それにすごく助けられています。

◆どんな犬を飼われているんですか?

チワワで、名前はティアラです。5歳の男の子なんですけど(笑)。「ペットショップにかわいいワンちゃんがいる」というので、顔も見ずに姉といくつか名前の候補を考えて(笑)、実際に顔を見てその中からティアラにしました。本当にかわいいので、早く会いたくて仕方ないです(笑)。

◆では、最後に視聴者やファンの皆さんにメッセージをお願いします。

『おんな城主 直虎』は、女性が当主として井伊谷やそこに住む人たちを守っていく、今までの大河ドラマになかったようなカッコいい女性の物語ですごく面白い作品です。高瀬も面白い女の子で今後もキーポイントになるので、ぜひ高瀬にも注目していただけたらと思います。『直虎』そして髙橋ひかるを、これからも応援よろしくお願いします!

 

■PROFILE

髙橋ひかる
●たかはし・ひかる…2001年9月22日生まれ。滋賀県出身。O型。「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でのグランプリ受賞をきっかけに芸能界入り。映画「人生の約束」(16年)で女優デビューを果たした。NORITZ、大鵬薬品工業 「チオビタ・ドリンク」などのCMにも出演。

公式サイト:http://www.oscarpro.co.jp/talent/hikaru_takahashi/
公式ブログ:https://ameblo.jp/hikaru-infini/

 

■ドラマ情報

大河ドラマ『おんな城主 直虎』大河ドラマ『おんな城主 直虎』
NHK総合 毎週(日)後8・00~8・45
BSプレミアム 毎週(日)後6・00~6・45

公式HP:http://www.nhk.or.jp/naotora/
公式Twitter:https://twitter.com/nhk_naotora
公式Instagram:https://www.instagram.com/nhk_taiga_naotora/
公式LINE:@nhk_naotora

©NHK
 
●photo/中村圭吾 text/金沢優里 hair&make/中台朱美 styling/松島茜

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える