• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

古舘寛治&滝藤賢一の“コタキ兄弟”がレンタル料1000円でドラマをPR

『コタキ兄弟と四苦八苦』

 1月10日(金)スタートの『コタキ兄弟と四苦八苦』(テレビ東京ほか)のW主演を務める古舘寛治と滝藤賢一が、新宿区・須賀神社で参拝客にドラマをPRした。

 本作で2人が演じる「レンタルおやじ」にちなみ、テレビ東京宣伝部がコタキ兄弟(古舘&滝藤)をレンタルし、ドラマPRを依頼。2人は、テレビ東京バナナ社員・ナナナと一緒に新宿区にある須賀神社を訪れ、初詣に来ていた参拝客にオリジナルクッキー「四苦八苦ッキー」を配布しながらPRそた。

 依頼をやり遂げた2人は、ナナナから劇中と同じレンタル料金1000円(一人500円ずつ)を受け取り、スタートするドラマのヒットを祈願。また、絵馬に古舘が「コタキ兄弟と四苦八苦 大大大ヒット!!! 世界平和」、滝藤が「コタキ兄弟と四苦八苦 メガヒット祈願!!!!!! 家族の健康」と書き込み、思いを込めて奉納した。

<イントロダクション>
兄・一路(古舘)は、予備校の英語講師だったが、現在は無職でつつましい暮らしをしている。楽しみと言えば喫茶シャバダバに通うこと。かわいいアルバイト店員のさっちゃん(芳根)に、話しかけようと試みるが、いつもうまく行かず空振りに終わっている。そんなある日、兄の家に、突然転がり込んできた弟・二路(滝藤)。兄弟の再会は8年ぶりで、兄が弟に勘当を言い渡して以来のことだ。突然の来訪をいぶかる兄だが、弟が来る直前に事故を起こしていたことを知り、慌てて現場へ向かう。そこで出会った被害者の男・ムラタから、自分の代わりに待ち合わせ場所へ行ってほしいと頼まれる。待ち合わせ場所に現れた女を見て、兄弟は絶句する。

ドラマ24『コタキ兄弟と四苦八苦』
テレビ東京ほか
毎週(金)深0・12
※テレビ大阪のみ、翌週(月)深0・12

脚本:野木亜紀子
監督:山下敦弘
出演:古舘寛治、滝藤賢一、芳根京子、宮藤官九郎

©「コタキ兄弟と四苦八苦」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える