• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

200体の人形<ドール>を破壊!amazarashi×NieR:Automata 破壊と背徳のMV公開

「命にふさわしい」 amazarashiが2月22日(水)にリリースするニューシングル「命にふさわしい」のミュージックビデオが公開された。

 「命にふさわしい」は、2月23日発売のPlayStaiton®4用アクションRPG「NieR:Automata」との共創プロジェクト「NieR:Automata meets amazarashi」(http://www.amazarashi.com/inochinifusawashi/)の一環として秋田ひろむが書き下ろした楽曲。

 もともと、ゲームフリークでもある秋田が、ファンであったゲームタイトル「NieR Replicant」(NieR:Automataの過去作)のディレクターヨコオタロウ氏を自らのライブに招待したことから、この共創プロジェクトがスタートした。

 公開されたMVは、「NieR:Automata」のディレクターであるヨコオ氏の原案を基に制作された映像作品。秋田は『命を投げ出すに値するほど、大切なものは何か』を“NieR”と自分たちに共通するテーマとして掲げ、このテーマが楽曲、MVで一貫して描かれている。

 MVは「NieR:Automata」の世界が舞台。西暦11944年の遠い未来。機械生命体に支配され人類がいなくなった地球。巨大な廃墟のような工場で、一体の機械生命体が、旧時代の人類が残した人形を、無限に破壊し続けている。使われた人形は200体。「穿通」「噛砕」「燃焼」「圧壊」「切断」「爆破」などあらゆる手段で破壊された。この人形は、人形創作集団ピグマリオンを主宰する人形作家・吉田良氏によって監修され、すべてに化粧などが施されることで世界観にマッチ。映像の最後には「NieR:Automata」の主人公2Bの人形も登場している。

NieR: Automata meets amazarashi“命にふさわしい”Music Video

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える