• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山田裕貴&齋藤飛鳥、クランクアップで涙「ただ必死で“君”を追いかけた」映画『あの頃、君を追いかけた』

映画『あの頃、君を追いかけた』 台湾の大ヒット作のリメイクとなる映画『あの頃、君を追いかけた』が、オリジナル版と同じ台湾のロケ地でクランクアップを迎えた。現地では、主演の山田裕貴とヒロインの齋藤飛鳥が記者会見を実施し、多くの台湾メディアが集まった。

 クランクアップを迎えると山田が泣き、齋藤も泣き、長谷川康夫監督までも泣きだす感動的なオールアップに。記者会見では、山田が「1人でも多くの方に見てもらえるように、ただ必死で“君”を追いかけてみました。キャストの皆が次々クランクアップしていっても、全然終わった感じがしないのは、本当のアップは観客の皆さんに見てもらった時だと思っているからかもしれません。台湾版は僕の大好きな映画の一本。その素晴らしい物語のリメイクなので、リスペクトし、オマージュを捧げている場面も多々ありますが、一方でそこまで意識せず、齋藤飛鳥ちゃんと僕だからできる真愛と浩介を大事にしようと模索しました」と。

 台湾メディアから台湾版にある、家の中では裸族の設定やキスシーンはあるのかと聞かれると、山田は「鍛えた肉体をアピールするというより、拳法が好きな普通の高校生男子の肉体的リアリティを求めてみました。キスシーンは内緒! 僕の裸も、キスシーンも映画を見てのお楽しみです。10年ぶりの海外に、『あの頃、君を追いかけた』の撮影で来られたこと、そのクランクアップを台湾で迎えられたことをすごくうれしく思っています」と語った。

 齋藤は「真愛に選んでいただいた時、どうして私なんだろうと思いました。乃木坂46のメンバーだったらより取り見取りなので。でも撮影が終わってしまう今は少し寂しいです。乃木坂46から一定の期間離れて他のことに関わったことも、この撮影のスタッフさんに娘のように接していただいたことも新鮮でした」と。

 女優業を続けていくかと聞かれると「お芝居の楽しさは分かりましたが、そんなことを言えるレベルではないので。でもこれからも挑戦していければいいなと思います。台湾の印象は“優しい”ですかね。言葉が通じなくても話していることを笑顔で聞いていてくださったり、今日のためにいろいろ調べてきてくださったり。台湾は2度目ですが、今回は台湾版を見ているので、ここはあのシーンを撮った場所だとテンションが上がりました。映画が好きなんですけど、恋愛ものを見る習慣が本当になくて……。最初は大丈夫かなと少し心配でした。でもこの映画を演じてみて、嫌な感じのしない恋愛ものもあるんだなと、これからは恋愛ものも見てみたいと思います(笑)」と語った。

 最後に、長谷川康夫監督が「この2人をはじめとする7人の若者の物語です。彼らキャストやスタッフたちに支えられた撮影でした。日本での撮影最終日にはコー監督が台湾のお土産を抱えて現場を訪ねてくださり、皆、感激しました。オリジナルへのリスペクトを込めて同じカット割りにしたシーンも少なくありませんので、日本版だけではなく両作を見比べて頂けたら幸いです。この映画が日本と台湾の皆さんに楽しんで頂き、万が一にも両国の文化交流に貢献できたならとてもうれしく思います」を熱いを思いを伝えた。

映画『あの頃、君を追いかけた』
2018年秋、全国ロードショー

監督:長谷川康夫
脚本:飯田健三郎/谷間月 栞
原作:九把刀「那些年,我們一起追的女孩」
出演:山田裕貴 齋藤飛鳥/松本穂香 佐久本 宝 國島直希 中田圭祐 遊佐亮介
製作:『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ

<STORY>
「男子って幼稚でバカみたい」、「女子って分かんねー」。
いつだって、男よりも女のほうが一足先に大人になるのが、この世の常。 地方都市に住む水島浩介は、クラスメイトとつるんではバカなことばかりをし、お気楽な高校生活を過ごしていた。ある日、浩介の度が過ぎた悪ふざけがもとで授業が中断。激怒した教師が、クラス一の優等生・早瀬真愛(まな)を浩介のお目付け役に任命する。真面目で堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がざわつき始める浩介。彼と4人の仲間たちにとって、彼女は中学時代からの憧れだったのだ。
やがて、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく…。
誰の心にも眠る“あの頃”の記憶を呼び覚まし、台湾・香港で超メガヒットを記録。
多感な十代を送ったすべての大人に捧げる、可笑しくて切ない、珠玉のラブストーリー。

©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える