• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大地真央、『越路吹雪物語』クランクイン初日に名曲「愛の讃歌」熱唱「ひと言では言い表せないぐらい緊張」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 テレビ朝日系帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』(1/8スタート (月)~(金)後0・30)で歌手の越路吹雪さんを演じる女優の大地真央がこのほど、都内の劇場でクランクインした。

 宝塚歌劇団のトップスターを経て、“シャンソンの女王”として一世を風靡した越路さんの波乱万丈の人生を描いた物語。この日は、越路さんの盟友の作詞家・岩谷時子さんを演じる市毛良枝と共に第1話冒頭のリサイタルのシーンを撮影。大地は黒のゴージャスなドレスを身にまとってステージに立ち、越路さんの名曲「愛の讃歌」を堂々と歌い上げた。

 宝塚の大先輩に成り切った大地は「ひと言では言い表せないぐらい緊張した」としながらも、「越路さんの思いをリアルに演じることができたと思います」と手応えは十分。歌ではあえて越路さんと同じキーに挑んだと明かし、「越路さんは毎回、歌い方が違うし、同じステージでも音を変えたりもする…。まさに“心”で歌っていらっしゃるんだなと分かって、とてもカッコいいなと思いました」とあらためて尊敬の念を込めた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真