• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐々木希、30代迎え「体の変化すごく感じる」主演ドラマ『デイジー・ラック』PR

『デイジー・ラック』 4月20日(金)スタートのドラマ『デイジー・ラック』(NHK総合)の試写会が行われ、幼なじみ役の佐々木希、夏菜、中川翔子、徳永えりが登壇した。

『逃げるは恥だが役に立つ』の原作・海野つなみの同名マンガを映像化した本作。「ひなぎく会」と自分たちを名付ける幼なじみのアラサー女子4人が、恋や仕事に奮闘する姿を温かく描く。30歳目前で仕事と恋人を失い、夢だったパン屋職人を目指す主人公・楓を佐々木、エステサロンの営業職として働くキャリアウーマン・薫を夏菜、極貧のカバン職人・ミチルを中川、ひなぎく会の中で唯一の既婚者・えみを徳永が演じる。

 佐々木が「ひなぎく会でいる時間が本当に楽しい。30代あるある女子トークをいつもしてるんですけど(笑)、このメンバーでよかったと心から思ってます」と語るように、撮影以外でもとにかく仲がいいというひなぎく会の4人。夏菜が「カットがかかってもずっとしゃべってたり食べ続けてたりしていて、それが映像に反映されているといいなと思いながらやってます」と語れば、中川も「リアルひなぎく会も毎日ライングループがどんどん更新されてる」と告白。徳永も「本当はだめなんですけど、現場に仕事に行ってるのか、みんなとしゃべりに行ってるのか分からない(笑)」と明かし、笑いを誘った。

 アラサーを迎えた自分自身の変化について聞かれると、「体の変化をすごく感じています」と佐々木。「若い時は、何を食べても太らなくて体にハリがあるという感じがあったけど、この年齢になると筋トレをしないとハリが保てないなって。運動をとにかくしなきゃいけないなって。ジャンクフードも控えたり野菜多めにしたり、食べたものがそのまま体になる、と日々思っています」と食生活を語った。

 そんな中、中川は「30代に入ってから劇的に変わった」と告白。20代のころは“人を信じないで生きていくんだ”と思っていたというが、ひなぎく会のメンバーを自宅に招いてホームパーティーをした話に触れながら「家に人を招くという概念自体生まれないと思ってたから、本当に毎日楽しいです。あと運動という概念すらないと思ってたけど、今なっちゃん(夏菜)に影響されてパーソナルトレーナーのもとに通って運動するようになって(笑)。“これはわたしか!?”って20代までの自分が今の自分にびっくりしてるんじゃないかなってぐらい。30代って楽しいよ、ってよく先輩方がおっしゃってた意味が、今すごくよく分かります。それもドラマから伝わったらいいなって思います」と笑顔を見せた。

『デイジー・ラック』は、NHK総合で4月20日(金)後10・00スタート。全10回。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える