• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中川大志、佐野玲於は「お兄ちゃんだった」

『GENERATIONS高校TV』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『GENERATIONS高校TV』#59が7月8日に放送された。

 7月8日は、佐野玲於が主演を務める映画『虹色デイズ』の公開記念スペシャル!と題し、スタッフに変装したGENERATIONSのメンバーが、佐野のいる完成披露試写会の現場にサプライズ潜入。佐野にバレないように仕事を手伝う「やさしさサプライズ」を決行した。

 小森隼と片寄涼太がお水やお弁当を渡すスタッフ、白濱亜嵐と数原龍友がカメラマン、関口メンディーが外国人SP、そして中務裕太はメンバー唯一の女装姿で女性ADに変身。異様な緊張感が漂う中、メンバーは佐野にバレないようにお手伝いを開始。しかし、変装したメンバーが目の前にいても全く気付かない佐野は、とうとう全員のお手伝いが終わるまで、メンバーに気付かず。そんな佐野にネタバラシをすると、佐野は「全然気づかなかった」と驚きの表情を見せ、見事「やさしさサプライズ」は成功した。

 そして、佐野と一緒に映画の主演を務める高杉真宙、中川大志、横浜流星も登場。撮影中の佐野の様子を聞かれた横浜は「すごく優しくて、LINEを交換した時に“玲於くん”って言っていたら、『玲於でいいよ』って」と。中川も「僕が一番最年少で、(佐野が)お兄ちゃんだった。焼き肉一緒に行ったりとか、泊まりの時は一緒に温泉入ったりとかしましたね。本当にもうお兄ちゃんで」と撮影時のエピソードを明かした。

 さらに、高杉は佐野に対し「率先して引っ張ってくれるわけではないですけど、自然とついて行こうってなるような引っ張り方をしてくださる。そういうのが素敵だなって」と。これを聞いた佐野も「ここはそんなに歳が変わらない、ジェネ世代だから。俺もジェネでいる感覚で現場にいた」と語った。

 番組後半には、これまでに番組でメンバーがダンスの指導を行ったダンス経験ゼロの男子学生・中嶋陽太君も参加した「ポカリガチダンスFES」の当日の模様を放送。

 6月9日に国営昭和記念公園で開催された「ポカリガチダンスFES」は、中高生4,348人が集まったビッグイベント。その様子はポカリスエットの新TVCM「ポカリガチダンスFES」篇として放送中。さらに、中高生3,770人がギネス世界記録®に挑戦。「TVコマーシャル向けに同時に踊った最多人数」としてギネス世界記録に認定された。

 “1日限りのFES”で全力を尽くした参加者たちのドキュメンタリー動画もYouTubeの大塚製薬公式チャンネル上で公開。中務裕太を中心にメンバーからダンスの指導を受けた中嶋君は“10人小隊長”に就任し、本番では「GENERATIONSや先生に教えてもらってやっとできたダンス。本番で発揮できたらいいなと思います」と意気込みを語り、他の学生をサポートした。

 4,348人が一斉に踊る光景に、メンバーからも思わず「うわー!すごい!」「なんだこれ!」と驚きの声が。さらに、完成したCMを見た小森は「中嶋君もすごく頑張ってましたけど、あれだけの中高生が集まって、画がすごかったですよね。あんないろんな人が集まって感動します」、白濱も「インパクトがすごいね」と感想を語った。

AbemaTV『GENERATIONS高校TV』
放送日程:7月8日(日)後9時~10時15分
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

出演者:GENERATIONS from EXILE TRIBE
特別ゲスト:高杉真宙、中川大志、横浜流星

Abemaビデオ:https://abema.tv/video/title/90-493
※過去の放送は「Abemaビデオ」で無料で視聴可能

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える