• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“尻職人”倉持由香が人亀ゲームで亀甲縛りに

『極楽とんぼ KAKERU TV』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『極楽とんぼ KAKERU TV』#54が7月12日に生放送された。

 7月12日は、9名のプレーヤーの中から、服の下に“亀甲縛り”をしている2名を探し当てる「人狼ゲーム」ならぬ「人亀ゲーム」を開催。本番前に参加者全員でくじ引きを行い、誰にも知られず服の下に“亀甲縛り”をする“人亀”を2名決定。制限時間内に“人亀”を見破ることができなければ、自分自身も“亀甲縛り”のえじきになってしまう。

 ゲームの参加者は、番組MCの極楽とんぼをはじめ、TKOの木本武宏、ドランクドラゴンの鈴木拓、紺野ぶるま、BOYS AND MENの辻本達規、JOY、元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈、“尻職人”として知られるグラビアアイドルの倉持由香。

 服の下の様子を隠すため、ベンチコートを着用して登場した9名は、早速“人亀”が誰であるかを推理する会議をスタート。そんな中、加藤浩次は「亀甲縛りは、動けば動くほど締まってくる」と、まさかの経験談を告白。鈴木が「何で亀甲縛りをしたんですか?」と質問すると、加藤は「そういうオプションがあったんでしょうね」と、夜のお店で“亀甲縛り”を経験したことを匂わせ、スタジオの笑いを誘った。

 1回目の“人亀”が誰であるかを推理する会議では、加藤が「本番前に、木本さんがフリスクを食べている様子を見て、わざわざ『木本さんがフリスク食べてました』と、自分に伝えにきた辻本さんが怪しい」と証言。さらに加藤が「そんなことわざわざ報告しますか?」と追い詰めると、辻本以外の全員が「フリスクを本番前に食べるのは普通のことだ」と同意し、挙動不審な様子を見せた辻本を“人亀”だとする説が優勢に。

 「大ファンの極楽とんぼさんに話しかけたかっただけ」と話す辻本の弁明もむなしく、多数決で5名のプレイヤーが辻本に投票し、辻本の“処刑”が決定。処刑が決まったプレイヤーは、処刑台で一気に服を脱ぐルールで、辻本は「僕は、、、人間です!」と身の潔白を叫びながらベンチコートを脱いだ。

 番組後半では、倉持の「本番前には気さくに話してくれていたのに、番組開始後はいきなり寡黙になった」という証言から、丸山に疑いの目が向けられた。丸山は「私はあまりしゃべりすぎちゃうと、嘘をつけないタイプだから…」と弁解したが、その発言から「嘘をつく必要があるということは“人亀”だ」と、丸山が“人亀”である説が濃厚に。

 絶体絶命の状況に慌てた丸山は「もし私が縛られているとしたら、今の段階でもうムラムラしているはず。私が“人亀”だったら普通にしていられない」と話し、スタジオは爆笑に包まれた。

 番組の最後に、紺野と爆弾発言を交えながら弁明していた丸山の2名が、亀甲縛りをしていた“人亀”であることが明かされ、出演者全員を欺いた2人の巧みな言動に「すごい」と称賛の声が上がった。

 その他、番組では“人亀”に襲撃されてしまった倉持がセクシーな亀甲縛り姿を見せたほか、緊迫の心理戦の末に数々の爆弾発言が飛び出した。

AbemaTV『極楽とんぼ KAKERU TV 人亀~人狼ではなく亀甲縛りしている変態を探せ!』
#54放送日:7月12日(木)後9時~10時(生放送)
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

過去放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/CfDf9h2f3bivk7
AbemaTV公式YouTubeチャンネル:https://youtu.be/eth1SMw70xw

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える