• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

King & Prince平野紫耀のツムツム物まねが絶品!『ツムツムランド』CM第2弾

『ディズニー ツムツムランド』 King & Princeが出演するスマートフォン向けパズルゲーム『ディズニー ツムツムランド』CM第2弾「トーク」篇と「ツムカメラ」篇が8月7日(火)から全国で放映される。

 「トーク」篇では、King & Princeメンバーでテーブルを囲み、大盛り上がりで『ツムツムランド』の好きなところをトーク。トークが弾んでツムツムのしぐさの真似をする平野紫耀の姿が見どころだ。

 「ツムカメラ」篇では、ツムカメラを使ってメンバー全員大はしゃぎで写真撮影。King & Princeの頭文字「K」と「P」を表すアクロバティックな人文字に挑戦する。

 「トーク」篇の撮影では、メンバー同士のトークが多いためアドリブがたくさん飛び出し、息の合った掛け合いにスタッフも思わず笑ってしまうひと幕も。

「ツムカメラ」篇の撮影では、「K」と「P」の人文字に挑戦。比較的簡単なポーズの平野紫耀と髙橋海人を横目に、アクロバティックで難しいポーズに奮闘する神宮寺勇太と岩橋玄樹。難しいポーズにもかかわらず、鍛えられた体幹と運動能力を発揮し、スタッフが想像していた以上の「P」が完成した。

 なお、特設サイト(https://colopl.co.jp/tsumtsumland/cm_cp_2018_spring/)では、第1弾CM「誘うKing & Prince」篇やメイキング映像、第2弾CMのWEB限定公開映像も公開される。

<King & Prince インタビュー>
◆『ツムツムランド』の2回目のCM撮影を終えた感想は?

平野紫耀:今回はとても自由な撮影だったので、素で楽しんでしまいました。岸君が自由過ぎて大変でした。

永瀬廉:紫耀が始めたアドリブなのに、僕らにも振ってきて対応するのに苦労しました。

髙橋海人:今回は、皆でワイワイ撮影できて楽しかったです。これで、ツムツムランドとKing & Princeの良さが沢山伝わればいいなと思います。

岸優太:自由に演技が出来て、すごく楽しかったです。紫耀の色々なリアクションが面白かったし、海人がいい空気を作ってくれていました。

神宮寺勇太:いつもの6人の関係性やアドリブのシーンが多かったのでとても楽しい撮影ができました。

岩橋玄樹:みんなツムツムランドが上達していました。特に岸君、頑張ってました。

◆CMでみんなで写真を撮るシーンがありますが、普段スマホでどんな写真を撮ることが多いですか?

平野:自撮りをみんなに送っています。

永瀬:メンバーや友達と遊んだ時や、面白い事をした人の写真を撮ったりします。

髙橋:写真フォルダーを見返すと、自撮りが多かったです。決して自分が好きとか、そういうのじゃないです。(笑)

岸:景色などが多いです。

神宮寺:友達や風景を撮ることが多いです。

岩橋:激盛り自撮りが多いです。

◆ツムカメラがあったりパズルで遊んだりとさまざまな機能がありますが『ツムツムランド』を遊ぶ時間帯はいつが多いですか?

平野:お仕事の待ち時間が多いです。

永瀬:移動時間と寝る前にしています。

髙橋:夜など、落ち着いた時にすることが多いです。

岸:お仕事の待ち時間にしています。

神宮寺:お仕事の移動時間が多いです。

岩橋:お仕事の待ち時間です。

Web限定CM
「トーク」篇 ロングVer.

「ツムカメラ」篇 ロングVer.

「ツムカメラ」篇 並んでver.

©Disney ©Disney/Pixar ©Lucasfilm

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える